OCEANS

SHARE

2021.07.31

からだ

パタゴニアの隠れ人気アイテム「ダックビル・キャップ」を走る男が選ぶワケ

 「ランニング効果をアゲるギア」とは……

走る大人には、パタゴニアのショーツ愛用者が多い。その理由は前回お伝えした通りだが、実はもうひとつ、パタゴニアの隠れ人気アイテムがあった!
 

頭の先まで、パタが好き!

ランナー兼サーファーである井口 創さん私物。
多くのランナーがフェイバリットに挙げてくれた「ダックビル・キャップ」は、’90年代初頭に登場したパタゴニアの定番アイテムのひとつで、オールドスクールなスタイルが持ち味。
 
それもそのはず、2014年に当時のパタゴニアの契約アンバサダーたちの熱烈なリクエストに応える形で、現代的な素材使いとなって復刻されたのだ。
 
「復刻された当時のことはよく覚えています。日々の練習から海外での勝負レースまで、ほぼ毎日のように被っていましたから」と、東京のトレイル&ランニングショプ「RunBoys! RunGirls!」オーナーの桑原 慶さんは言う。
桑原さんはガチのトレイルレースでダックビル・キャップを被る。
「2010年代の前半は、トレイルランナーの間でキャップをはじめとしたヘッドウェアがちょっとした盛り上がりを見せていました。
 
頭頂部の蒸れを考慮したサンバイザーが人気を集め、またバフ(BUFF)からはソフトかつ短いツバ付きのキャップが登場しました。使用時以外は丸めて携行できますし、視野を確保するという機能面のメリットもありました」(桑原さん)。
2015年当時の桑原さん。世界最大のウルトラトレイルレース「UTMB」の完走をダックビルキャップが手助け。
かたや、ファッション的なスタイルとしてはオールドスクールなトラッカーハットを愛用するランナーが急増していたという。
「でも、ランニング専用設計ではないトラッカーハットでは、通気性や視野の確保という面ではストレスがあって。そこで21世紀バージョンとして復刻したのがダックビル・キャップだったんです。以上のような背景から、間違いなくスマッシュヒットするだろうと直感しました」(桑原さん)。
 
つまり、「オールドスクールなトラッカーハットのデザイン」に、「短めのツバ」「通気性抜群のオープンメッシュ」「小さく丸められるソフトさ」を組み合わせたハイブリッドなキャップ、それがダックビル・キャップなのだ。


2/2

RANKING