OCEANS

SHARE

2021.08.01

ライフ

大沢たかおの役者論「感動は、自分の何かを削らないと生まれない」

8月13日(金)公開の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』に出演している俳優・大沢たかおさんにインタビュー!
作品のことはもちろん、コロナ自粛期間中のFUN-TIMEや幼少期の外遊びの思い出など幅広く語ってもらいました。人間性がグッと垣間見える10問10答も必見です。
 

久しぶりの日本でのOFFは意外にも充実した日々

俳優・大沢たかおさんの役者論「つらく困難な役じゃないと出演する意味がない」
「何十ページ分撮ってるんですか(笑)」。
ゆったりとしたシルエットでモード感がありつつ、どこか静謐さをも備えたヨウジヤマモトの衣装をナチュラルな雰囲気で纏う。この日最後の撮影とあってか、大沢はとてもリラックスしているように見えた。
撮影の最中、フォトグラファーとの何げない会話の中から、お互いに共通の知人がいたことが判明し、意気投合。撮影のセッションも長くなったことで、大沢から冒頭の言葉が漏れた。ふたりの共通点はアメリカだ。
「もともと海外に行くのが好きで、作品がひとつ終わると海外へ出かけていました。最近、大きな作品を終えたばかりなのでどこかへ行きたかったのですが、さすがに今の状況だと無理ですね。
カリフォルニアに滞在している間は、ほぼ毎日のようにサーフィンをしていました。目の前がビーチなので、起きてそのまま海に入るという感じで」。
いつもどおりのFUN-TIMEを過ごせずストレスも溜まっているのかと思いきや、意外とそうでもなさそうな様子。
「日本にいることで、今まであまり会えなかった人に会えたり、ゆっくりと読書をしたり映画を観る時間ができたので、刺激的ではないですが悪くないです。あと昨年の5月から大きな作品に入っていて、最近それがようやく終わってホッとしています。
ただ、役作りのためにカラダを大きくしていたので、今は体重を落とさなければならず食事制限をしている最中なので、好き勝手に外食をするわけにもいかなかったり……、そういった事情もあってほぼ毎日、運動ばかりしています」。
パーカ参考商品、パンツ6万3800円、靴7万400円/すべてヨウジヤマモト 03-5463-1500
そして「ちょっと見ていいですか?」と言うと、手元にある雑誌「オーシャンズ」をパラパラとめくりながら「子供の頃はよく外で遊んだなぁ」と白い歯を見せながら幼少期を追想する。
「釣りにはよく行きました。東京出身なので多摩川を筆頭に東京湾、富士五湖……いろんなところに行きました。
東京・赤坂見附に弁慶堀という釣り場があるのですが、友達同士で朝4時半くらいに電車に乗ってよく通っていました。ブルーギルを50匹くらい釣ったこともあります。当時ルアーフィッシングが流行っていたんです。
さらに人気の釣り番組があって、視聴者が魚拓を送ると紹介される企画に取り上げられたくて、競うように釣りに行っていました。二子玉川で80cmの雷魚を釣って魚拓を送ったんだけどな……。
あとキャンプにもよく行きました。山中湖や相模湖へ一泊二日で友達と一緒に行ったり。そうそう当時、釣ったブラックバスをそのまま焼いて食べた友達がいたのですが、食中毒になって救急車で運ばれたことも(苦笑)」。


2/2