OCEANS

SHARE

2021.09.18

ライフ

ホノルル在住クリエイターが選ぶ、ハワイに似合うミッドセンチュリーの椅子

当記事は「FLUX」の提供記事です。元記事はこちら

ホノルル在住のジャクリーン・デイビーさんは、バンクーバーにあるエミリー・カー芸術大学でデザインを学ぶも、心はいつも建築と家具に夢中だった。
「きちんと席について、誰かと料理をともにすることを大切にしています。自分ではなかなかそんな時間を取れないんですけど、だからこそ余計にそういったシーンのための椅子にこだわりたいんです」。
さっそく、デイビーさんにお気に入りの椅子を集めてもらい、食事をするという体験にどのような要素がプラスされるのか見てみよう。

カムバックチェア



パトリシア・ウルキオラによるデザインで、クラシックなウインザースタイルの椅子を再解釈したカムバックチェア。耐久性のあるテクノポリマー熱可塑性プラスチック製で、屋根のあるラナイで使うのにもちょうどよい。
「多色展開しているので、どんなお部屋にもアクセントとなって映えますよ」とデイビーさん。
「ダイニングルームはもちろん、座りやすいクッションとペアにすればどの部屋でも使えると思います」。

イームズ ラフォンダ


 「この椅子にまつわる歴史が大好きなんです」とデイビーさん。この椅子は、1961年にチャールズ&レイ・イームズ夫妻の友人、アレクサンダー・ジラード氏のリクエストに応じる形で誕生した。
ジラード氏は、ニューヨークのタイムライフビルに新しくオープンするレストラン「ラフォンダ・デル・ソル」で椅子を必要としていたのだ。椅子の背の高さがテーブルの天板よりも低くなることが希望だった。
「中間色を採用し、明るい色を避ければラクなんですが、このフューシャ色の張り地だからこそ、この椅子が別格になったと思います」。
続けて、「この色が持つ補色のパワーに驚くと思いますよ。特に自然の中で際立ちますよね」とデイビーさん。

スカルプチュラ チェア


1956年に、ラッセル・ウッダードがデザインしたウッダード・ファニチャーの椅子。ワイヤーフレームが美しいカーブを描くこの椅子は、パティオで使われることが多い。
「このようなヴィンテージのワイヤーチェアは、ベルトイアチェアほど頻繁に目にしないと思いますが、手頃な価格で手に入れられますし、ずっと座りたくなるほど快適です」とデイビーさん。
この椅子は1994年に、クーパー・ヒューイット・スミスソニアン国立デザイン博物館の永久コレクションとして収蔵された。


2/2

RANKING