OCEANS

SHARE

2021.07.10

ライフ

【前編】山田孝之はなぜ畑を始めたのか。孤高の俳優の魂に回帰するロングインタビュー

日本を代表する俳優でありながら、映画プロデューサーやバンドのボーカルまで務め、ときにはバラエティ番組で芸人顔負けの大爆笑をかっさらう孤高の存在、山田孝之。
彼が最近、本腰を入れて農業に取り組んでいるという話をご存知だろうか?

6月下旬、彼を訪ねに山梨県某所にある畑を訪問。オーシャンズ世代のトップランナーは今、何を思って仕事と向き合い、何を思って土を耕すのか、その胸の内に迫った。
 

新プロジェクト「原点回帰」が目指すもの


今、農業を皮切りに彼が取り組んでいるのが「原点回帰」と名付けたプロジェクトだ。「帰長」である山田さんと一般募集で集まった「帰人」が、みんなで “理想の島”を作り出すべくスタートさせた。
農業はあくまでもプロジェクトの一環で、今後はエネルギーや衣服も含め、自給自足するためのあらゆる技術を学んでいく方針だという。
島ではアートビレッジを作る構想もあるそうだが、テレビやスクリーンの山田さんしか知らない我々としては、やや唐突な行動にも思える。

山梨の畑に到着すると、集まっていた「帰人」の中に山田さんの姿もあった。
この日はちょうど、原点回帰の畑に種が撒かれるというめでたい日だった。
10年以上放置されてきた畑を借り受け、土づくりから始めたのが今年3月。NPO法人「大地といのちの会」理事長の吉田俊道さん指導のもと、土壌を改良して微生物の住環境を整備し、雑草を大量に運んで畑に畝を作った。
ちなみに、吉田さんは生ごみや雑草を使うことで、誰でも簡単に有機農業を実践できる方法を編み出した人物。“菌ちゃん先生”としても知られる、その道の第一人者である。

山田さんが、さっそく畑の話をしてくれた。
「大量の雑草を土に入れてうまく水分調節をすると、糸状菌(しじょうきん)という菌が繁殖するんです。これから育つ野菜の根にその菌が結び付くと、野菜の中に “第7の酵素”と言われるファイトケミカルが発生します。
ファイトケミカルが発生した野菜って、めちゃめちゃ強いんですよ。虫が食べても分解できない。なので、虫が付きにくい。だから農薬を撒く必要もないという、菌ちゃん先生が体系化した自然農法で僕らはやっています」。


2/3

RANKING