OCEANS

SHARE

2021.06.26

ファッション

「スニーカー、愛してま〜す!」プロレスラー棚橋弘至がオキニ3足を手に愛を叫ぶ

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……
「会場のみなさん、愛してま〜す!」のマイクパフォーマンスで知られる、人気プロレスラーの棚橋弘至さん。
プロレス界では“100年に一人の逸材”と言われる反面、無類のファッション好きとしても有名で、スニーカーの所持数はなんと60足以上にのぼるという。
そんな棚橋さんが「最高のトレーニングパートナーです!」と語る偏愛スニーカー三番勝負、いざ!
棚橋弘至●1976年11月13日生まれ。岐阜県出身。’99年10月にプロデビュー。以後、IWGPタッグ、IWGP U-30無差別級といったタイトルを手にし、2006年にIWGPヘビー級王座を初戴冠。その後、’11年には11度の連続防衛に成功(当時の最多連続防衛記録)。今なお第一線で活躍するトップレスラーのひとりとして、プロレス界を牽引している。

①先鋒 リーボック「インスタポンプフューリー」


「僕が通っていた高校は制服が詰襟の学ランだったんです。だから、どこで違いを出すかといったらもう足元しかないんですね」。
そんな棚橋青年の心を鷲掴んだのがリーボックの「インスタポンプフューリー」だった。しかし……。
「’90年代半ばに“ポンプブーム”が来ましたけど、当時は手に入らなかったんです。特に蛍光イエローの“シトロン”は名古屋まで行って探したけどまったく売っていない。すでに履いていた友人もいて、それが羨ましくて(笑)」。

だからこそ、この復刻版を2015年に購入したときは喜びもひとしおだったという。
「いや〜めちゃくちゃうれしかったですよね。僕と同世代の人間にとっては憧れの一足ですから。シトロンに後ろ髪を引かれる思いでしたが、自分の持っている服を考えて結局トリコロールカラーのモデルにしました。
今ではその選択が間違ってなかったと実感しますね。意外と服と合わせやすくてめちゃくちゃヘビロテしてます」。

現在はセットアップの挿し色に、Tシャツ×デニムのスパイス役にと縦横無尽に活躍中。着こなし力だけでなく、気分まで高めてくれる存在である。
「履いているだけでうれしくなりますね。高校生の頃の気持ちに戻るというか。パワーのあるアイテムは記憶も蘇らせてくれます。履いた瞬間から、その日はずっとテンション高く過ごせますから」。

そして、「インスタポンプフューリー」の凄さは、20年以上前のデザインながら今見ても時代を感じさせないところにあるという。
「少しずつマイナーチェンジはあると思いますけど、今でも全然古臭く見えない。僕もプロレスラーとしてそうありたいなって思いますね。いつもあいつは新しいなって言われ続けたいです(笑)」。

今も変わらないその存在感は圧倒的で、棚橋さん曰く「スニーカー界のジャイアント馬場さん、アントニオ猪木さん、力道山先生のような重鎮」とか。
日を追うごとに新しいスニーカーが台頭しているが、あらゆる世代を今なお虜にする一足。まさに重鎮のようである。


2/3

RANKING