OCEANS

SHARE

2021.07.09

ライフ

原材料はサトウキビ? 環境先進国デンマークのプラスチック遊具を使いたいワケ

当記事は「ボーネルンドの教育・保育関係者のための情報サイト PLAYSCAPE」の提供記事です。元記事はこちら
近年、地球温暖化や海洋のごみ問題が深刻化し、プラスチック製のストローやビニール袋などプラスチックの使用を減らす取り組みが世界中で進んでいます。
あそび道具作りにおいても、子どもたちが過ごす未来の地球を守るため、持続可能な原材料を使用した、地球環境に配慮した遊具の製造など「エシカル&エコロジー」の取り組みが世界で拡大中です。
今回は他国に先駆けて先進的な取り組みをしている、北欧のプラスチックメーカーの事例をご紹介します。

 

老舗遊具会社の先進的なエコ活動


50年以上、砂遊び道具やごっこ遊び道具を製造しているデンマークの「ダントーイ」社では、プラスチック遊具メーカーならではの環境負荷の問題を踏まえ、原材料選びから製造工程、使用方法、破棄後のリサイクルの段階に至るまで、環境を第一に考えたものづくりを徹底しています。
原材料に従来の原油ではなく、自社工場で出た「プラスチックのくず」を使ったリサイクルプラスチックなど、環境に優しい素材を使用。
デンマークの自社工場で、エネルギーや水、原材料の消費・排出を抑制した、環境に優しいプロセスで製造を行っています。
 

環境先進国のエコ製品の証・スワンマーク


ダントーイ社が、世界中のプラスチック玩具メーカーで唯一取得しているのが、ノルディック・エコレーベル(「スワンマーク」と呼ばれるエコラベル)。
この認証は、原材料から製造・使用・処分方法まで、環境に考慮してつくられた製品が取得できるエコラベルで、消費者による環境負担が少ない製品選びの目印にもなっています。
このラベルは北欧5ヵ国で展開されていますが、ラベル保持のためには厳しい基準を守り続けなければなりません。
環境先進国である北欧各国では、幼稚園・保育園で使用するものを選ぶ際、この「ノルディック・エコレーベル(スワンマーク)」がついた商品を使用するよう政府から推奨され、入札の条件になっているほど。
エコ製品の積極的な生活への導入を、徹底しています。

ダントーイ社製品の98%は、このノルディック・エコレーベル認証を取得済み。
そのためデンマーク国内のすべての幼稚園・保育園(約3,400ヵ所)ではダントーイ社の外遊び道具やごっこ遊び道具が使用されており、今では日本をはじめ、デンマーク以外の世界45か国の教育市場(小学校・幼稚園)に、環境にやさしいあそび道具が広がりつつあります。


2/2

RANKING