OCEANS

SHARE

2021.06.15

ファッション

話題を集める究極の白T「ブローダー」が一枚に込めた、緻密な設計と繊細な技術

何の予備知識もなく見れば、シンプルな白い無地Tシャツ。この普遍的なアイテムを特別な一枚だと知ってもらうには、とにかく着てもらうのがベスト。
そう言い切れるほど、視覚だけでは伝わりにくい緻密な設計と繊細な技術が「ブローダー」のTシャツには詰まっているのだ。
 

「ブロードシャツのような美しさと汎用性を目指して」

洗練された大人の印象を醸し出す“ブロードシャツ”のような「ブローダー」の白Tシャツのヒミツ
9350円/ブローダー(ブライベルガー エンタープライズ 03-6452-3649)
“ワードローブ”と“ブロードシャツ”。ふたつの意味が込められた、ブローダーというブランドのTシャツ。
デビューは昨年で、ディレクションを手掛ける永原太蔵さんが前職を辞め、独立するタイミングでのこと。それまでの会社員時代にお世話になった人への贈答品として白Tシャツを製作したのがきっかけだった。
ブライベルガー エンタープライズ代表取締役 永原太蔵さん Age 45●1975年、東京都生まれ、神奈川県育ち。大学を卒業後、大手セレクトショップにてバイヤーを歴任。2020年にブライベルガー エンタープライズを設立し、さまざまなブランドのディレクションを手掛ける。大阪学院大学内にて運営するセレクトショップ「スタンドセブン」の仕掛け人としても話題に。
「お礼の品ですから、ほかでは手に入らない特別なものを作りたかったんです。目指したのは、ブロードシャツ。シーンを選ばず着られて、アラフォー男性の体型もしっかりカバーできる、そんなTシャツです。
本当は辞めるときに渡したかったんですが、完成は退職して半年経ってから(笑)。でもこれが結構評判良く、製品化したら? なんて声もチラホラ。そんな経緯から、動きが本格化しました」。
[Point3 シルエット]フロントは身体のラインを拾わないスクエア形、後ろ姿は立体的でセクシーな印象のシルエットに。4サイズ展開だが、サイズアップによる着丈の変化を最小限に抑え、身幅の差でシルエットを調整しているのも特徴。


2/2

RANKING