OCEANS

SHARE

2021.06.06

時計

Gショック史上、最も上品。フルメタルシリーズに加わったローズゴールドの新作

あらゆるシーンで頼れるタフネスウォッチの代名詞、Gショック。
その圧倒的にタフネスに加え、「フルメタル化」というさらなる進化を遂げたGMWシリーズに、新たにローズゴールドカラーのGショックが仲間入りした。
 

人気の“フルメタルGショック”

GMWシリーズが登場したのは、Gショック生誕35周年にあたる2018年。
初代Gショックの開発者の伊部菊雄さんが「想い出に残る3本」として挙げている金のモデルがきっかけだ。
伊部さんへのインタビュー記事「Gショックの生みの親に聞く、想い出モデルと普段使いモデルBEST 3」はコチラから!
1983年に誕生した初号機「DW-5000C」をベースに、硬質なステンレスのベゼルと本体ケースの間に緩衝体を挟む耐衝撃構造によって、サイズ感はそのままにフルメタルケースの実装に辿り着いた。
「GMW-B5000D-1JF」6万6000円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
ファーストモデルの「GMW-B5000D-1JF」はデビュー直後に完売するほどの人気を集め、次々と派生モデルが登場した。
ステンレス製のケースとバンドにイエローゴールドIPを施した超人気モデル「GMW-B5000GD-9JF」。SSケース、43.2mm径、タフソーラー。7万4800円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
そのひとつが、大人気となった「ゴールドモデル」。イエローゴールドに続いて今年加わったのは、ローズゴールドである。


2/2

RANKING