OCEANS

SHARE

2021.06.09

時計

ティファニー、ブルガリ、カルティエ…… ハイジュエラーによるドレスウォッチ6選

ハイジュエラーによるドレスウォッチ。
宝飾の分野で培った繊細な美意識を余すことなく腕時計に注いだそのタイムレスなスタイルは、いつの時代も男を魅了し、心を躍らせる。
 

時代の感性を取り入れる創造性こそが名作たらしめる

ハイジュエラーによるエレガントなドレスウォッチ6選
K18PGケース、縦33.7×横25.5mm、手巻き。153万1200円[予価]/カルティエ 0120-301-757 © Cartier

CARTIER
カルティエ/タンク ルイ カルティエ

ロングセラーの時計は、常に時代の感性を受け入れる自由な創造性を備える。そこには決して揺るがぬポリシーやスタイルがあるからだ。1917年の誕生以来、「タンク」は歴代数多くのバリエーションを発表し、それでも幹の部分は変わらない。
なかでも人気の高い「タンク ルイ カルティエ」は、丸みを帯びた角と細い縦枠を特徴に、新作ではストラップと同色のブルーダイヤルを採用。アールデコの気品が漂うエレガンスを表現するのだ。
 

大人の男への憧憬が生んだ個性派ドレスウォッチ

K18WGケース、38mm径、手巻き。172万9200円/ヴァン クリーフ&アーペル 0120-10-1906

VAN CLEEF & ARPELS
ヴァン クリーフ&アーペル/ピエール アーペル ウォッチ

たとえスポーツウォッチ派でもドレスウォッチに憧れるのは、それが男の風格を映し出す象徴だからだ。創業者一族のピエール・アーペルにとっても憧憬だったのだろう。30歳を迎え、自分のために時計を作った。
これを現代に復刻させたのが本作。美と調和を表す正円のフォルムを崩さぬよう、シンプルなアタッチメントでストラップをつなげる。極薄のケースはシャツの袖に収まり、側面を面取りすることで滑らかに引き出せるのだ。洗練されたスタイルは時代を超越する。


2/3