OCEANS

SHARE

2021.06.12

ファッション

吉田栄作がシロティと作った“理想の白Tシャツ”制作秘話、出会いは2年前……

東京・千駄ヶ谷に店を構える白Tシャツ専門店「#FFFFFFT(シロティ)」。
オーナーの夏目拓也さんは、この店舗をスタートするにあたり、目標を立てた。それが無類の白Tシャツ好きである吉田栄作さんと出会うことだった。
 

「男らしくあり、大人の品もある。そんな理想の白Tが作りたかった」

白Tが好きすぎる吉田栄作さんが「#FFFFFFT」と作った“理想の白Tシャツ”制作秘話
[左]俳優、歌手
吉田栄作さん Age 52
1969年、神奈川県生まれ。’88年、映画『ガラスの中の少女』でスクリーンデビュー。2021年6月には東京・名古屋・大阪の3都市にて、延期されていた歌手活動30周年記念のコンサートツアー「We Only Live Once」を開催予定。また、今年6月に配信予定のNetflixオリジナルシリーズ最新作『全裸監督 2』にも出演する。
[右]#FFFFFFT 代表/白Tハンター
夏目拓也さん Age 38
1982年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、広告代理店勤務を経て2016年に世界初の白無地Tシャツ専門店「#FFFFFFT(シロティ)」を創業し、代表/白Tハンターを務める。4月30日より新宿・歌舞伎町にて、黒Tシャツ専門店「#000T KABUKICHO(クロティ カブキチョウ)」を協業オープンした。
夏目 店には常時約60種、オープン以降5年で300種以上の白Tシャツを扱ってきました。そんな店を始めたからには、いつか絶対に吉田さんとお会いしなければと思っていたんですよ。
1990年代に、ドラマだろうが歌番組だろうが、常に“白Tシャツ+デニム”という出で立ちで活躍した、まさに“白Tシャツのレジェンド”。ただ当時は多くのタレントや俳優が、同様のスタイルを好んでいた。
しかし我々にとっては“白Tシャツ=吉田栄作”が絶対なんです。若い世代にも“栄作コーデ”という言葉が浸透するほど、強烈な印象があります。
吉田 別にそういうイメージ戦略を図ったわけではないんですよ(笑)。自分の“好き”に対してとことんこだわった結果、そういう印象を皆さんに持っていただけるようになったんだと思います。
兄の影響を受け、アメリカの映画や音楽にハマったことがきっかけかな。ジェームズ ・ディーンやブルース・スプリングスティーンなどへの憧れから、白Tシャツにデニムというスタイルが好きになったんです。
#FFFFFFT(シロティ)。
夏目 栄作さんの白Tシャツのイメージは、やっぱり’90年のNHK紅白歌合戦の影響が強いと思いますよ。白Tシャツ+デニムで「心の旅」を歌う姿。当時子供ながら、衝撃を受けたのを覚えています。
吉田 ここぞとばかりに着飾るべき番組を、好きな格好で出演してみようとあえての引き算で挑んだんですよ。反対もありましたけど、「それなら出ないぞ」と(笑)。
夏目 出会いは2年前。とあるウェブ媒体での取材でしたね。
吉田 お話を聞いたとき、何て勝負師なんだと。白Tシャツだけに絞るなんて、勇気がいることだし、正直ギャンブルでしょ(笑)。それでも成功されているというので、シンプルにすごいなと。
それと同時に、僕が好きな白Tシャツは、それだけ普遍的で人気があるアイテムなんだと改めて認識し、驚きとうれしさを覚えました。


2/2

RANKING