OCEANS

SHARE

2021.05.25

ANNIVERSARY

15年前、オーシャンズが創刊記念パーティをした表参道ヒルズはどんな15年を歩んだか?


東京、原宿・青山界隈のランドマークといえば表参道ヒルズ。開業日は2006年2月11日。なんと、オーシャンズと“同い年”なのである。
15年間、表参道から見てきた景色はどんなだったのか? 初代館長・荒川信雄さんに話を聞いた。
表参道ヒルズの初代館長、荒川信雄さん。現在は、ラフォーレ原宿の代表取締役社長と、森ビル株式会社の執行役員を兼任する。趣味はサッカーで、シニア 50 東京代表として海外遠征の経験ある選手でもある。そして、手前にあるのは何と、オーシャンズの創刊準備号じゃないか!

まさかの、創刊記念パーティの記録が……

編集部 “同い年”のよしみで、本日はいろいろとお聞かせください。
荒川 もちろんです! で、これは大切な私物です。
編集部 なんと、オーシャンズの創刊準備号! なぜ荒川さんが?
幻のゼロ号こと創刊準備号。これを読み返すと、編集部が驚いた。その理由はこちらから。
荒川 大切に保管してあったのを引っ張り出してきました(笑)。私、いや表参道ヒルズはオーシャンズを“同志”だと思っているんですよ。その理由、わかりますよね?
編集部 えっ! 創刊記念パーティですか!?
荒川 はい、その通りです! 表参道ヒルズが開業してすぐに、オーシャンズは創刊を記念したパーティの会場にうちを選んでくださった。本当に感謝しているんです。
編集部 ということはもしかして、荒川さんも施設側の責任者として当時、会場にいらっしゃったんですか?
荒川 はい。初代館長として見守らせていただきました。そして、そのイベントは表参道ヒルズで初めての華やかなイベントだったんです。
編集部 その節は大変お世話になりました! いくつか失礼があったような記憶も……。
荒川 失礼なんて何もありませんよ。
編集部 我々はガムシャラで何も記録が残っておらず。普通、こういう催しは記録として写真くらいは残すもんですが(恥)。
荒川 では、運営室で保管していた、このファイルの1ページ目をご覧ください。

編集部 あーーーーー! うちのパーティの記録がファイリングされている!
荒川 表参道ヒルズで開催されたイベント実績を社内資料として残しているんですが、すべての資料のトップに、保管されています。さすがにデータはなくて、残っているのはこの出力一枚だけ。なので、お渡しもできませんが(笑)。
編集部 感慨深いです。ありがとうございます!


2/5

RANKING