OCEANS

SHARE

2021.05.15

あそぶ

多拠点生活する男の「ワーケーションやリモートワークにランニングがいい」論

ADDress
「Running Up-Date」とは……
ADDressという、定額全国住み放題のサービスをご存じだろうか。月額4万4000円で、全国にある約160以上の物件を好きなときに利用できるというものだ。
南房総のオーシャンフロントハウスから別府の温泉付き別荘まで。自由に使えるシェアハウスがいたるところに点在しているイメージだ。
ワーケーションとも相性のいい、この夢のようなサブスクリプション多拠点生活サービスを手掛けるのは、写真の佐別当(さべっとう)さん。彼自身もADDressのヘビーユーザーでもある。
仕事はリモートワークが中心。刺激的な日々を送る中で、毎日のリズムを整えるルーティンとして大事にしていることがある。
それは1回30分ほどのモーニングランだ。

多拠点生活だからこそ、リズムを整えるルーティンが必要

「1カ月のうち、半分ほどは全国各地にあるADDressの物件で過ごしています。
そうするとオンオフの切り替えが難しく、自分のためだけの時間というか、自分のリズムを作るためのリラックスする時間が重要になってくるんですよ。
そこで打ってつけなのがランニングなんです」。
ADDress
多拠点生活を叶えるADDressのサービスをスタートさせてからというもの、早起きをして30分ほど走り、シャワーを浴びて汗を流し、朝ご飯を作って食べ、パソコンへと向かう。このルーティンが自然と出来上がってきた。
「ランニングって心身ともにリラックスできますよね。その気持ち良さにハマってしまい、4、5年前は1時間近い通勤ランを毎日こなしていました。
出勤や帰宅のための移動とランニングを兼ねられるから時間効率がいいし、おまけに満員電車を避けることもできる。
それでついつい走りすぎてしまい、ふくらはぎがプチッといっちゃいました」。
ADDress
走りすぎによる大ケガでギプス生活を余儀なくされ、1カ月ほど満足に歩くことができなかったのだそう。そこで気がついた。
「リラックスのためのランニングとはいえ、毎日のように長距離を走ればそれなりに筋疲労が生じるのも事実です。
何のために走っているのか、これでは本末転倒ではないか? そこからは体の調子に合わせて走るように、ランニングとの向き合い方をアップデートさせました」。


2/3

RANKING