OCEANS

SHARE

2021.05.01

あそぶ

「そうだ、ホノルルマラソンに挑戦しよう」と始めたランニングが生活に与えた好循環

ジェームス&コー
「Running Up-Date」とは……
鎌倉という街には、自分なりのワークライフバランスを実践している人が多いように思う。
郷里の新潟にて「ジェームス+ライフ」を、そして現在の拠点である鎌倉で「ジェームス&コー」の代表を務める塩谷雅芳さんもそんなひとり。
どちらもアパレルを中心としたショップだけれど、並んでいるのはシーズンをまたいで継続展開される定番のオリジナルアイテムばかり。
いたずらにトレンドを追うことはせず、メンズ・レディスの性差もあまり意識させず、例えるならお父さんも息子も着られるような服。
そんなところが鎌倉っぽいし、なんだかランナーっぽくもある。

「そうだ、ホノルルマラソンに挑戦しよう」

そもそも代表の塩谷さんがランニング歴の長い大先輩ランナーだ。走り始めたのは、なんと2003年からとのこと。
ジェームス&コー
鎌倉のショップではレンタルサイクルのサービスも行っている。
「長らく草サッカーをやってまして、20代の前半から、基礎体力を作るためにしばしば走っていました。
ある日、ふとしたことから会社の仲間と『ホノルルマラソンに挑戦しよう!』と盛り上がりまして、それが2003年のことでした。
本格的に走り始めたのはホノルルマラソンがきっかけなんです」。
世の中が東京マラソンに端を発するランニングブームに沸く前のことであり、年齢を感じさせない引き締まったスタイルは、長年の運動習慣のタマモノなのだ。
「ホノルルマラソン、楽しかったですね。開放的な雰囲気の中、多くのランナーとともに走るのは格別のバケーションになりました。それ以来、ホノルルマラソンへの社員旅行が恒例行事になったほどです」。
イベントに参加したり、予定を合わせたりして仲間と走るのも楽しいが、ひとりで無心で走るのもまた楽しい。
「頭を空っぽにして、左右の足を順序よくリズミカルに踏み出していく動作は、シンプルに気持ちがいいものですよね。
発汗することで爽快感が得られ、心身ともにリフレッシュできます。走りながら頭の中が整理されていくので、仕事のことを考えるのにもちょうどいいですし。
ジェームス&コー
それから出張先の街を走るのも好きです。朝早くその街を走ると、日中では目に入ってこなかった風景が見えてきます。
まるでその街の住人になったような気分になれる。だからホノルルに限らず、気持ち良さそうなコースレイアウトの大会を選んで、観光がてら参加するのがまたいいんですよ。
大会に出ることを旅の目的にして、家族と一緒にキャンプや温泉旅行に行くんです」。


2/3