OCEANS

SHARE

2021.04.29

ファッション

アメカジ大好き芸人・さらば森田がトキメク、ローテクスニーカー三番勝負

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……
アメカジは我々にとってファッションの登竜門であり、メンズカジュアルの基本の“キ”。だからこそ、人気芸人、さらば青春の光・森田さんが貫く深い“アメカジ愛”には、少なからず共感してしまう。
そんな彼が愛を注ぐスニーカーは、ローテクが基本。デニムに合い、履くほどに深みを増すその姿、うん、大好きだ!
森田哲矢●1981年8月23日生まれ。大阪府出身。お笑いコンビ、さらば青春の光のツッコミを担当。2008年にボケ担当の東ブクロとコンビを結成。2013年には個人事務所「ザ・森東」を設立。キングオブコントで常に決勝へ進出する実力派コンビは、バラエティ番組だけでなく舞台やラジオなど多方面でも活躍中。YouTube「さらば青春の光Official YouTube Channel」も人気。
 

①先鋒 コンバース「チャックテイラー CT70」


これまで、多くのスニーカーに足を通してきた森田さん。実感したのは、「ゴリゴリのハイテク系やブーツ系が似合わない」ってこと。だから、若い頃からスニーカーは断然ローテク派だ。
ローテク派を自称するのにはもうひとつ理由が。森田さんのはくボトムスはジーンズがベース。その頻度はビジネスパーソンにとってのスーツを上回る勢いで、そんなときも足元に断然収まってくれるのがローテクスニーカーなのだとか。そして、その最たる例と言って憚らないのがコンバースだ。
「ジャックスターやワンスターもそうですけど、ジーンズにズバッとハマる一足を作っているのって、やっぱりコンバースだと思うんです」。
そんな森田さんがスニーカーを選ぶうえで大切にしていることがある。それは、今後も変わらぬ関係で長く付き合えるかどうかってこと。

「洋服を選ぶときもそうなんですけど、“このデザイン、一生履けるな〜”と思えるかどうか。だから、必然的にシンプルなスニーカーや定番品に手を出しちゃいます。コンバースのチャックテイラーなんて、もうシンプル・イズ・ベストの極致じゃないですか(笑)」。
コンバースを象徴するチャックテイラー。こちらは1960〜70年代のディテールを再現した、通称「CT70」と呼ばれる復刻モデルだ。
日本で買えないこともないのだが、手に入れるのはそう容易くはない。そこで、仕事で韓国へ行った際に半額で販売していたこちらを購入した。

「3足一気に買っちゃいました(笑)。一般的なオールスターよりもつま先の白い部分がコンパクトになっていて、ツルッとした風合いがめっちゃ好きなんですよ。もう好きすぎて、家はチャックテイラーだらけで所有数の1/3を占めています」。
これが、森田さんの所有するスニーカーたち。見ての通り、チャックテイラー愛が伝わってくる!
購入したものの、いまだにおろしていないものもあるとか。
「貧乏性なんですよ。なかなかおNEWなスニーカーをおろせない、小さい人間なんです(笑)」。


2/3

RANKING