OCEANS

SHARE

2021.04.29

ANNIVERSARY

15周年のチョコプラ、光と影の歩み。長田と松尾の赤裸々トークを全公開

チョコレートプラネットといえば、今や誰もが知る国民的お笑いコンビだ。
そんなチョコプラが今年で結成15周年を迎える。そう、オーシャンズと“同い年”なのである。
では、彼らはどんな15年を歩んできたのか。長田庄平さんと松尾 駿さんにリモート取材を慣行した。 
パソコンのモニター越しでポーズを取ってくれる“チョコプラ”。リモート取材にもかかわらず、時折りボケやツッコミを織り交ぜたテンポのいいやりとりで、終始和やかな空気。

苦節10年って「どんだけぇ~!」。デビュー直後に待っていた暗黒時代

編集部 まず、15周年おめでとうございます!
長田松尾 ありがとうございます! オーシャンズさんもおめでとうございます!
編集部 ありがとうございます! では早速、この15年という歳月は、おふたりにとってどんなものでしたか?
長田 15年。僕にとっては、長かったようで短かった、そんな感じです。
松尾 15年。僕にとっては、短かったようで長かった、そんな感じです。
編集部 (笑)。チョコプラはコンビ結成わずか2年で、2008年キングオブコントのファイナリストに選出。世間はこれを華々しいデビューと受け止めていますし、チョコプラは順風満帆と見ている人は少なくないと思うんです。
長田 いやいや、まったく順風満帆ではありませんでしたね。もちろん、売れずに苦労している芸人は山ほどいるので、そうした方々と比べてしまうとそう映るのかもしれませんが。
松尾 そうですね。確かに、同期の間なんかでは調子が良さそうに見えていたかもしれません。でも、まったく順調ではありませんでした。
「この写真はデビュー前の2006年の写真です。コンビを結成したNSC(吉本総合芸能学院)を卒業する直前か直後くらいかな」(長田)。「場所は新宿シアターモリエールという劇場です」(松尾)。「とりあえず、そのまま頑張って続けなさい、いつか売れるから。当時のふたりにそう言ってあげたい」(長田)。
編集部 キングオブコントの決勝という舞台に上がった当時、何か手応えのようなものはなかったんですか?
長田 手応えなんてまったくないですよ!
松尾 自分たちもよくわからないうちに決勝という舞台に上がっちゃったという記憶しかありません。現にファイナリストになった瞬間も「やった!」なんて喜んでませんでしたから。「え!? どうしよう!」って、ある種のパニック状態でした。
編集部 でも仕事での反響はあったのでは?
長田 最初は期待しました。でも、全然仕事は入ってきませんでした。
松尾 そういう意味では大きく期待が外れたので、本当にモヤモヤしてました。
長田 そんなモヤモヤした状態が、かれこれ10年ほど続いてしまったんです。
編集部 チョコプラは世間が思うよりも長い間、苦しんでいたんですね。では、そんな冬の時代を越えたターニングポイントはいつなんでしょう?
長田 2017年にスタートしたTV番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系列)で、松尾のIKKOさんのものまねがウケて大きく跳ねたときに「もしかすると活路が開けるかも」と思いました。「これでイケる!」とまでは思いませんでしたが。
松尾 IKKOさんのものまねが世の中に受け入れられていくにつれて少しずつ仕事が増えて、不安な気持ちは減りましたけど、長田さんが言うように「これでイケる!」とは思えませんでしたね。


2/4

RANKING