OCEANS

SHARE

2021.04.26

ファッション

これがニットってホント!? オーシャンズ監修の究極セットアップが完成!

今春オーシャンズは、世界に名を馳せる和歌山発のニッター、カネマサ莫大小に別注セットアップをオーダー。その出来栄えやいかに?
 

全フィールドで活躍する万能セットアップ

丸編みニットの産地として、世界的にも知られている和歌山。その中でも、天然素材でハイゲージを作らせたら右に出る者がいないニッター、それこそがカネマサ莫大小だ。
半世紀以上の歴史を持つ同社のファクトリーブランド「カネマサ」が、今春、満を持してスタートを切った。
[左]コンパクトな襟とフラップポケットを配したワークテイストのシャツ。超高密度の46ゲージで編み立てたボディは、特別な加工によりまるでヴィンテージのような自然な毛羽立ちがある。3万1000円 [右]シャツと同色同素材パンツは、リブを装備したジョガータイプ。膝下がシュッと見える都会的なシルエットがポイントだ。ドローストリングとキーループは、黒ボディのアクセントになるサックスブルーで。無造作に入れた小銭などが落ちないようにサイドとバックのポケットはジップ付きに。2万9000円/ともにカネマサ 073-423-1295
そんな記念すべきタイミングで、オーシャンズが別注を依頼。目指したのは、街でもアクティブシーンでも難なく着こなせる、全フィールド型のセットアップである。
セットアップの詳細はこちら
2/3