OCEANS

SHARE

ゆったりとした袖の仕様は温故知新ゆえのデザイン

パーカ4万2900円/ストックホルム サーフボード クラブ(エドストローム オフィス 03-6427-5901)、カットソー1万7600円/ロンハーマン 0120-008-752、デニム3万5200円/スティーロ×マインデニム×ワコマリア(パラダイス トウキョウ 03-5708-5277)
「ストックホルム サーフボード クラブ」
袖ぐりが深くゆったりして袖口で細くなるドルマンスリーブ。袖付けの縫い目がなく、着用時の運動性と快適な着心地を保証する画期的な仕様は、1934年に考案されたスウェットの“名作”に着想を得たものだ。
そしてフォレストグリーンの肉厚ボディはサステイナブルにも配慮したオーガニックコットン製。サーフカルチャーやアート、ファッションの過去・現在・未来を探求する実にスウェーデンブランドらしいもの作りだ。
 

ハードなフォトグラフをソフトなスウェットで

パーカ2万2000円/リチャードソン(リチャードソン・トーキョー 03-6455-5885)、パンツ1万4850円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)
「リチャードソン」
一枚で羽織ってもサマになるのが、フォトプリントスウェットの魅力。ただし、特集担当スタイリストからアドバイスがひとつ。「インナーのカットソーを裾からチラ見せできる丈のものにすると、無造作ながらしっかり着飾った雰囲気が醸せます」とのこと。参考にされたし。
そしてこちらは、ロバート・キャパらが設立したマグナムフォトとのコラボ。写真家ダニー・ライアンがテキサスの刑務所をドキュメンタリーで切り取った「カンバセーション ウィズ ザ デッド」の一枚をセレクト。


3/3