OCEANS

SHARE

2021.04.03

あそぶ

ザ・ノース・フェイスで新作イッキ見。セットアップ、バッグ、テントと名品揃い!

「春のお宝探検隊」とは……
今、街のアウトドアトレンドを牽引する立役者のひとりは、紛れもなくザ・ノース・フェイスである。優れた機能と洗練されたデザインは、異常気象が続く昨今の状況を鑑みても欠かせない存在だ。
となれば、なおのこと期待してしまう今季の新作。蓋を開けてみたら、想像以上の名品揃いでヒャッハー!

突撃した店は……

“地球の未来を考えるきっかけを提案する”をコンセプトに、英語で“変えること”を意味するオルターと命名された同店は、ザ・ノース・フェイスの“今”を知るには最適な場所。最新テクノロジーとマインドを落とし込んだウェアやギアは、ライフスタイルの変化が著しい世の中にも頼りになる存在。
「ザ・ノース・フェイス オルター」
住所:東京都渋谷区神宮前6-10-9
電話:03-6427-1180
営業:11:00〜20:00
水曜定休

①燃えにくさに萌えるマウンパ&パンツ


――すみませ〜ん。春におすすめのアウターってありますか?
逸見 そうですね、例えばマウンテンパーカはどうでしょう?
接客してくれたのは……
逸見靖葉さん(ザ・ノース・フェイス オルター スタッフ)●休日は登山にキャンプにと活発に動き回るアクティブ女子。ゆったりとしたテンポと落ち着いた声のトーンによる接客は耳馴染みがよく、キュートなルックスも相まって思わず財布の紐が緩んでしまいそうだ。※撮影のためにマスクを外していますが、実際は着用しています。
――あの2トーンデザインのですよね? ちょっとベタかなぁ。
逸見 では、こちらでいかがですか? 特に、焚き火やキャンプシーンにも打ってつけです。
「ファイヤーフライマウンテンパーカ」3万4100円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス オルター 03-6427-1180)
――あら、ワントーンだ。でも、焚き火に打ってつけって?
逸見 火の粉が生地に付いても安心なんです。付着した場所からごくわずかなガスが排出されることで一種の無酸素状態を作り出し、自然と鎮火できるんです。
――へぇ〜〜〜。
逸見 難燃物質を糸に練り込んだことで実現できました。洗濯しても効果は持続します。
――この生地は今シーズン初採用?
逸見 以前も「ファイヤーフライシリーズ」でジャケットやパンツは出ていましたが、これまではコットンでした。コーデュラナイロンは初採用です。撥水性も高めたので、急な雨にも対応できますよ。
身長176センチでLサイズを着てみるとこんな感じ。
高めの襟もいい感じ。
――なるほど、パワーアップ版というわけですね。
逸見 ナイロンを使ったことでより軽量になり、ポケットも大きくなりました。

――ホントだ、ポケットでかっ!
逸見 キャンプなんかでは、いろんなギアや工具を使いますよね。それらが入れやすいように、だいぶマチのあるポケットにしているんです。
――これだけ大きければ手ブラで街へ出られますね。
逸見 はい! 刺繍やロゴもワントーンで統一していますし、普段使いもしやすいマウンテンパーカだと思います。共地でパンツもあるので、セットアップでの着用もいいですね!
「ファイヤーフライパンツ」1万9800円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス オルター 03-6427-1180)
――おお、セットアップにもなるんだ!
逸見 ベイカーパンツ型のデザインは、もちろん単独でのご使用もいいと思います。大きいバックポケットは収納しやすく、Dカンも付いているので鍵などをぶら下げておくこともできます。

――ベイカーパンツ型でも全然野暮ったく見ない。
逸見 微妙にテーパードを入れているからですね。ワイドに作ってしまうとワーク感が出すぎちゃいますが、これならダボっとし過ぎず、きれいな脚のラインが作れます。
――ちなみに、セットアップってほかにいいのあります?
逸見 それなら、こんなアイテムもありますよ。


2/4

RANKING