OCEANS

SHARE

②中堅 ’80年代のコンバース「オールスター」


ここ最近、古着の価格が高騰傾向にある。コンバースも然りで、弾数が少なくジワジワと価値も高まりつつある。
USメイドとなればなおさらで、その上がり具合はブームだった’90年代当時のようである。コカドさんの2足目はそんなアイテムだ。

「USA製の’80年代オールスターです。デッドストックをいくつか持っているんですけど、普段は一足ずつおろしながら履いています。チャックテイラーよりもこちらのほうが履きやすくて好きなんですよね。
リーバイスのジーンズもそう。“XX(ダブルエックス)”よりは“ビッグE”のほうがはきやすいんです」。

しかも“銀箱”付きというのがまたいいのだが、実はこちら、銀箱だけでなくハートフルなエピソードまで付いているという。
「下北沢のスニーカーショップに、僕の好きなものを知ってくれている店員さんがいるんです。で、下北でよくお世話になっている焼肉店さんがあって、その女将さんが毎年、誕生日プレゼントを僕にくれるんです。
女将さんがそのスニーカーショップへ行って『僕に何かプレゼントをしたい』と相談したら、その店員さんがこれなら絶対に喜んでくれると言って推薦したらしく。それでプレゼントしてくれました」。
“東京の母”からの贈り物。これを見ながら日々、コカドさんはお笑いと向き合っている。


3/3