OCEANS

SHARE

2021.03.26

ファッション

いい大人が持っておくべき1着。テーラードジャケットはオンオフともに大活躍する主力アイテムだ!

きちんとしたスタイルが求められるフォーマルな場はもちろん、インナーやボトムスをゆるめにすればカジュアルにも着られる。
つまりオンオフともに大活躍のテーラードジャケットは、いい大人が持っておくべき1着なのだ。
 

「ザ ジェントルマン イン ザ パーラー」の2Bジャケット

オーセンティックな雰囲気を保ちつつ、“現代に求められるスーツ”を追求。絶妙なパターニングでノーストレスな着心地を実現している。5万2000円/ザ ジェントルマン イン ザ パーラー(レショップ 03-5413-4714)
推薦人①
レショップ コンセプター 金子恵治さん(47歳)
セレクトショップ「エディフィス」にてバイヤーを務めたのちに独立。自身の活動を経て、2015年に「レショップ」を立ち上げる。
サイの宮原秀晃さんによるパターンメイキングで、立体感と着心地の良さが異次元の仕上がりです。
 
推薦人②
ファッションキュレーター 小木“Poggy”基史さん(44歳)
ユナイテッドアローズ&サンズのディレクターなどを経て、2018年に独立。現在は、2G TOKYOのファッションディレクターなどを務める。
一緒に仕事をさせていただいて、デザイナーの宮原秀晃さんのパターンメイクのすごさを垣間見たのがこのジャケット。
古典的なスーツから、今のトレンドまでを理解している人が手掛けただけあって、細すぎず、ゆったりしすぎない、絶妙なバランスのシルエットに落とし込まれている。ビスポークでもないのに、袖を通してストレスを感じることがない。
 

「ブリオーニ」のカシミヤブレザー

さらりと羽織るのに重宝するノンライニングのシングルタイプ。こちらはゴールドボタンを配した特別仕様で、生地はカシミヤ100%。77万3000円/ブリオーニ 0120-200-185
推薦人
スタイリスト 井嶋一雄さん
多くのファッション誌、広告、テレビCMなど幅広いフィールドで活躍。精通する音楽をルーツとしたスタイリングにも定評がある。
展示会にお邪魔したときに、何げなく羽織らせてもらったロイヤルブルーのカシミヤブレザー。着た瞬間、まさに自分の体にピタッと吸い付くような、これまでにない感覚を味わった。
一生ものの一着とは、きっとこういう服のことなんだろう。長いことさまざまな服を羽織ったけれど、そう思ったのは初めてだったかもしれない。


2/2

RANKING