OCEANS

SHARE

2021.03.08

ファッション

今までも、そしてこれからもよろしく! 年がら年中着たい極上スウェット&カットソー

寒い季節はインナーに、暖かくなったらこれ一枚で。年がら年中お世話になりまくりのスウェット&カットソー。
山ほど服を見てきたファッション業界のプロが「長く付き合いたい!」と感動した逸品はどれだ⁉︎
 

「テクネ」

今までも、そしてこれからもお世話になります!年がら年中着たい極上スウェット&カットソー
バッグ以外にも展開するアパレルも秀逸。メリヤスをバイアス使いした身頃のポケット付きロンTは、ベーシックなのにひとヒネリあって大人好み。1万5000円/テクネ(カナル info@texnh.jp)
推薦人
BLANDET SHOWROOM&STORE ディレクター 宮本哲明さん(37歳)
セレクトショップのPRから独立。昨年末には、自身の会社でブランデット ショールーム&ストアを設立。スパイス料理の修行中でもある。
𠮷田カバン出身のプロダクトデザイナー、松村力弥さんが昨年立ち上げたばかり。どこか温かみがありつつ、モノの本質がデザインされたプロダクトたちには感動の一言。
非常に考え抜かれたディテールは、機能性も申し分なく、シンプルなデザインに収斂。これから要注目のブランドです。
 

「チャンピオン」

脇下にアクションリブを備えたスウェットシャツの原点。使用するのは12.5オンスの肉厚生地。メイド・イン・USAを示す赤タグ付き。1万4000円/チャンピオン(ヘインズブランズ ジャパン 0120-456-042)
推薦人①
にしのやディレクター 西野大士さん(37歳)
バンタンデザイン研究所卒業後、老舗アメトラブランドのプレスに。退職後、新ブランドの立ち上げやプレスオフィス、にしのやを経営。
いつの時代も変わらないところがいいですよね。初めて買ったのは中学1年生のとき。現在は10〜15枚くらいは持っていると思います。
ʼ90年代(刺繍タグ)の目なしが好きで、古着店に行くと絶対に探してしまいます。最近またハマっていてよく着ているのですが、リバースウィーブ自体がカジュアルなアイテムなので、パンツはスラックスを合わせることが多いですね。
 
推薦人②
スタンダード カリフォルニア 代表 阿久戸秀高さん(53歳)
恵比寿の名店スタンダード カリフォルニアの創業者。オーセンティックなアメカジと、サーフィンを愛するミスターオーシャンズ。
ファッションに目覚めた10代から50代の今にいたるまで、数え切れないほどのリバースウィーブを着てきましたが、流行に関係なく、丈夫で長持ち!
これからも間違いなく着続ける、定番服です。


2/4