OCEANS

SHARE

2021.03.05

ファッション

「ここぞ!」というとき、5人のファッションのプロが頼るセットアップ

凛とする着心地や、袖を通したときの高揚感。
気持ちを引き締めてくれるセットアップは、「ここぞ!」というときこに頼れる存在なのだ。
 

「カルーゾ」

気持ちを引き締めてくれる一着。「ここぞ!」というときに着たい、頼れるセットアップとは
シアサッカー素材を採用。一枚仕立てのジャケットは軽やかな着心地がたまらない。イタリアのサルトを出自とする確かな技術にも定評あり。ジャケット9万5000円、パンツ3万5000円/カルーゾ(ユナイテッドアローズ  原宿本店 03-3479-8180)
推薦人
ユナイテッドアローズ PR 渡辺健文さん(41歳)
2005年にユナイテッドアローズ プレスに就任。昨年秋には、自社のライフスタイルウェブマガジン、IDEASを立ち上げた。
シルエットも着心地も抜群ですが、やはりここのフラワーホールは感動モノ。糸がギュンギュンに詰まった立体的で美しいフラワーホールは、あまりほかで見ることができません。
フラワーホールは顔の近くにあり、相手の目線を受けやすい場所。着用者の印象を第一に考えるカルーゾが、非常にこだわっている部分でもあります。手縫いの美しさもありますが、そのこだわりや美意識、美学に感動しました。
 

「ニューバランス」

機能性に特化した新生パンツコレクション「ウエスト トゥ トウ」。同素材のダブルジャケットを合わせればセットアップとしても活用が可能。ジャケット2万4000円、パンツ1万2900円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)
推薦人
スタイリスト 井嶋一雄さん
多くのファッション誌、広告、テレビCMなど幅広いフィールドで活躍。精通する音楽をルーツとしたスタイリングにも定評がある。
ニューバランスがダブルブレストのジャケットとパンツのセットアップを作ったと聞いたときは、ちょっと驚いたけれど、見て納得できた。ポケットやジップ、ボタンといった細部の作りはスポーツメーカーらしい、機能的で便利な作り。
しっかりスポーティな要素を残しているあたりはさすがだと感じた。着心地も想像以上に快適そのもの。
 

「ザ スタイリスト ジャパン」

小木“Poggy”基史氏がディレクションサポートし、スタイリストの大久保篤志氏が手掛けるブランドとディッキーズがコラボレーション。味わい深い素材を採用し、洗濯機での丸洗いも可能。ジャケット3万6000円、パンツ2万10000円/ザ スタイリストジャパン 03-3478-0144
推薦人
ユナイテッドアローズ 全社PR統括 吉田淳志さん(45歳)
2010年より現職。今年2月、ビューティ&ユースが大切にする美しさと若さの両方を持つ大人を紹介するメディア、PEOPLEをローンチ。
2006年のブランド開始当初から愛用しています。ジャケットとパンツのシルエットはもちろん、素材のセレクトも秀逸で自分にとって「ここぞ!」というときに着たい服。だから緊張感を持つべき場面で着ることが多いですね。
ときには同素材のベストも作られていて、スリーピースで着ることも。とにかく大久保さんが作るスタイリングと洋服が大好きです。


2/2