OCEANS

SHARE

2021.02.19

公道も走行可能! 電動キックボードでチェックしたい日本ブランドの3台

「Mobilityレボリューション」とは……
日本の公道では原付バイク同様、免許やヘルメット着用などが必要になる電動キックボード。コンパクトで置く場所にも困らず、なんなら持ったまま電車にも乗れるため注目を集めている。
しかし、これまで優勢だった海外製のものは、日本の法律に無理矢理合わせるためミラーなどとってつけた感が出がち。そこでオススメしたいのが、最初から法律に則ってデザインされた、日本の電動キックボードだ。見た目も良く気軽に乗れる、新しいモビリティの姿を見よ!
 

前後で異なる大径タイヤで安定感バッチリ

全長1050×全幅570×全高1150mm。ボディカラーはホワイト/モカベージュ/スカイブルー/マットブラックの4色。市販に向けて準備中だ。/グラフィット https://glafit.com
グラフィット「X-SCOOTER LOM」
1回の充電で約40km走れて、速度は「High(25km/h以上)/Mid(約25km/h)/Eco(約10km/h)」の3モードから選べる「X-SCOOTER LOM」。
前12インチ・後10インチという前後で異なる、一般的なキックボードよりは大径のタイヤが走行時の安定感を生み、道路の凹凸、ちょっとした障害物なども楽に乗り越えられる。この安定感があるからこそ、低速でも走行できるのだ。
折り畳み時のサイズは全長1050×全幅350×全高600mm。バッテリーは脱着式で、家の中で充電できる。バッテリーを抜いた状態の重量は14kg
通常モデルでも満充電で約40kmまで走行が可能だが、約60km走れる大容量バッテリーを選ぶこともできる。
キーはスマートフォンのアプリによる認証システム。キーコードを家族や友人、会社などでシェアすれば、みんなでX-SCOOTER LOMを利用できるのも便利なポイントだ。
折り畳めば車に積め、自転車の輪行バッグなどを使えば電車にも載せて移動できる。後輪を転がしてハンドキャリーすることも可能という気の利きようだ。
昨年クラウドファンディングで販売されると、あっという間に予定数を完売。現在は一般販売に向けて準備中で、登録すれば連絡をもらえるからぜひチェックを。


2/3

RANKING