OCEANS

SHARE

2021.02.24

ファッション

出発は“最高のタオル”。エイトン・デザイナーが手掛けた新ブランド「エシャペ」

「まずは最高のタオルを作りたいというのが出発点でした」。
素材への飽くなき追求で知られる「エイトン」の久崎康晴さんは、新ブランド「エシャペ」を手掛けた理由をこう語る。
デザイナー
久﨑康晴さん
カットソーやパーカなどで定評のある「エイトン」のディレクター。そのスピンオフとも言える「エシャペ」はオンラインを中心に、エイトンの店舗でも展開する。
 
  「エイトンで作っているのはベーシックな服ばかりですが、それでもファッション界の消費サイクルの速さにどこかしんどさを感じていました。
ならばタオルやパジャマ、ベッドリネンといった、パーソナルな安息の時間に添い遂げるアイテムを、一生レベルの定番になり得るものを数型だけ作り続けるのはどうだろうと考えました」。
出発点は“最高のタオルを作りたい”。エイトン・デザイナーが手掛けた新ブランド「エシャペ」とは
バスタオル3万9000円、ハンドタオル1万5000円/ともにエシャペ(エイトン 青山 03-6427-6335)
きっかけは自宅用のタオルを探していて、欲しいクオリティのものが市場にまったくなかったこと。
「一般に高級とされるタオルは綿素材のフワフワなものです。でも、20数年前にイタリアのとあるホテルで使ったタオルが僕の理想。それはリネン素材の一枚で、ひと拭きしただけで体の水気をすっかり吸い取ってくれたんです。まるで乾布摩擦したみたいに。
その話を今治の職人さんにぶつけてみたら、タオル談義で盛り上がって……」。
ローブ4万9000円/エシャペ(エイトン 青山 03-6427-6335)
リネンは繊維に「伸び」がない。ヘタりにくい半面、その糸を高密度に、しかもタオル地にするためにパイルのループを織り上げるのは至難の業だ。途中で織り機が止まる、糸が切れるというのが業界の定説だった。
それをクリアし、使い込んでも毛羽立ちしない品質を実現したのがエシャペのリネンタオルになる。


2/2