OCEANS

SHARE

2021.01.23

ファッション

あの「リーバイス レッド」が再び! さっそく現物をチェックしてみた

リーバイス白書●どんなに時代が変わっても、オレたちのリーバイス愛は変わらない。でも、知識のほうは現代版にアップデート済だろうか? リーバイスを直接訪ねて理解った、リーバイスの2021年最新事情。
オーシャンズ世代であれば、21世紀も間近に迫ったミレニアムブームに突如現れた“あのデニム”の衝撃を覚えている人も多かろう。そう、「リーバイス レッド(Levi’s Red)」である。
大いに沸いた7年前の復活劇もまだ記憶に新しいところだが、今年、再びシーンに舞い戻ってくるという。気になるその中身とは……(ゴクリ)。
 

デニムの概念を覆した異端児の衝撃


積み重ねてきた歴史の厚みゆえ、知らず識らずのうちにデニムを凝り固まった頭で定義付けていたかもしれない……。そう思い知らせてくれた存在こそ、リーバイス ヨーロッパのデザインチームが手掛けたリーバイス レッドである。
デニムはレギュラーストレートと信じて疑わなかった男たちにとって、はき込んだ際に生まれるレッグラインの“ねじれ”からインスピレーションを得た立体裁断の衝撃はデカかった。

脚線に沿うシルエットは美しいラインを描き、最良のはき心地を保証。世界のスペシャルなショップでしか買えないプレミアムラインであることも人気に拍車をかけた。
革新的アプローチやプレミアム感は、最先端を知り、お洒落を存分に楽しむファッショニスタたちを大いに虜にしたものだ。
モードな一面も見せるリーバイス レッドは、ヴィンテージ志向の強かった国内のデニムシーンに一石を投じた。2007年に惜しまれつつ生産終了したが、こうしてまた拝める日が来るとは、リーバイスも粋な計らいをしてくれる。


2/4