OCEANS

SHARE

今回のリーバイス レッドは“ワーク”な顔ぶれだ!

ということで、リーバイスのショールームを訪問。ウワサのリーバイス レッドのご尊顔を拝見させてもらった。さっそく広げてみよう。
[左]「505 STRAIGHT」1万2000円、[右]「505 UTILITY 」1万2000円/ともにリーバイス レッド(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)
実験的、革新的な試みから誕生したリーバイス レッドシリーズには、細身の「パッシブアグレッシブ」やねじれを入れた「ワープド」など、代表的な名モデルが少なくない。
では、今回のリーバイス レッドはどうかというと、2003年に発表されたリーバイスのワークウェアがベースとなっている。

それらを現代的にアップデートしたわけだが、各所に残る当時の面影は、デニム好きな我々の気持ちを存分に汲んだものとなっている。

イエローパッチはもちろんのこと、敢えて歪ませたランダムステッチや左右非対称のポケットにはワークウェアならではのラフさと手仕事の跡がうかがえる。裾の縫い合わせに使われた太めの糸やツールポケットに、当時の記憶が蘇ってきそうだ。


3/4