OCEANS

SHARE

持ち運びをテーマにした新領域へのチャレンジ

’62年に画期的なスキーラックを発売したスーリーは、以降、イノベーティブな製品を次々と開発する。スキー板を安全、確実に収納するスキーボックス。車のルーフではなくリアに取り付けるトウバーマウント型バイクキャリア。
そして2010年、スーリーは初めてキャリア以外の製品を発表する。それは車ではなく人が運ぶラゲージ──トロリーケースやバックパック──であった。それはウェランダー氏がCEOに就任した年に重なっている。
バッグメーカーとしてのスーリーを一躍有名にしたのが、これらのPC用バックパックではないだろうか。収納力、機能性、耐久性に優れるうえ、非常に多くのバリエーションを揃えているのが特筆すべき点。自分に合う相棒が必ず見つかるはずだ。左から「コンストラクト 28L」 H49×W32×D27cm 1万9000円「パラマウント 27L」 H50×W33×D27cm 2万3000円、「アクセント 28L」 H51×W31×D26cm 1万7000円、/すべてスーリー(ゼット 0120-276-010)
「今までにないジャンルに投資したい、と会社に提案しました。確かに挑戦でしたが、私は必ず成功すると確信していたんです」。
この考え方は、同時期に決めたブランドの新たなキャッチコピー「ブリング・ユア・ライフ」に集約される。直訳すれば「暮らしを持ち運ぼう」。キャリア製造の哲学に共通するプロダクトさえ見いだせば、新領域の光はおのずと差し込む。ではいったい、どのようにして意識改革を図ったのだろうか。
「重要なのは何を変えたかではなく“何を変えなかったか”だと思います。70年にわたる素晴らしい歴史と、高い製品開発能力。そしてその製品を世界中で売るというビジネスマインド。変える必要のない、強固なブランドのバックボーンは既に確立していたのです」。
トウバーマウント型キャリア「イージーフォールド XT」。コンパクトに折り畳めるにもかかわらず、大型マウンテンバイクや電動サイクルの搬送にも対応する。バイク好きにぜひおすすめしたい優れものだ。写真は2台用。3台用(16万円)もラインナップされている。車には別途トウバーが必要となる。H68×W123×D63cm[使用時] 14万円/スーリー(阿部商会 0800-100-4182)
そのうえで3つの方針を打ち出した。ひとつは先述した新領域への進出。次に洗練されたデザインの追求。そして消費者第一の精神の強化、である。ただし、とウェランダー氏は付け加える。
「製造業でいちばん大事なのは、高品質で安全なものを作ること。耐久・耐天候など25項目のテストと、製品別の専用テストを行います。例えばサイクルキャリアなら車に積載して衝突するなど、さまざまな状況を想定。自動車メーカーと共同開発した振動装置で、製品寿命テストも実施しています」。


4/4