OCEANS

SHARE

2020.10.21

時計

アポロ13号を救出したスピードマスター、偉大なるスヌーピーモデル登場!

アポロ13号が地球に奇跡の帰還を果たしてちょうど50年の節目を迎える今年、スペシャルなオメガ、スピードマスターが登場する。栄誉あるスヌーピーモデルだ。
……ん? スヌーピー? スヌーピーって、あの?
スピードマスター “シルバー スヌーピー アワード”50周年記念モデル。103万円/オメガ 03-5952-4400
スピードマスターにあしらわれた、宇宙服を着たスヌーピー。一体なんで? と思う人もいるだろう。
言うまでもないと思うが、いわゆるキャラクターウォッチの類かと侮ってはいけない。そこには、この時計が残した「偉大な功績」にまつわる物語が隠されているのだから。
103万円/オメガ 03-5952-4400

偉大なる功績が生んだ「最も成功した失敗」

長きにわたり世界中で愛されてきたスピードマスター。
1969年、アポロ11号とともに月面に降り立った史上初めての時計として、リスペクトをこめて“ムーンウォッチ”の愛称で呼ばれているのはあまりにも有名だ。
だがしかし、この時計はさらに偉大な仕事をやってのける。
その翌年、再び月面を目指したアポロ13号は、打ち上げから2日後に酸素タンクの爆発という大事故に見舞われた。誰もが最悪のシナリオを思い浮かべるほど深刻なトラブルに見舞われるなか、乗組員たちはスピードマスターで正確な時間を計測し、手動操作で機体の軌道を修正することに成功。全員無事に地球への生還を果たしたのだ。
この奇跡的な帰還劇は、絶望的な危機にも屈せず見事な対応力をみせたことが称賛され、「最も成功した失敗(A successful failure)」と呼ばれた。

“シルバー スヌーピー アワード”の授与

1970年、これまでの宇宙開発やアポロ13号“救出”という唯一無二の貢献を称え、NASAの宇宙飛行士たちは栄誉ある“シルバー スヌーピー アワード”をオメガ・スピードマスターに授与した。
この賞は、卓越したプロ意識や献身性によって、有人宇宙飛行の安全と成功に寄与した人物やサービスプロバイダーに対する感謝をこめて送られる名誉の象徴である。スヌーピーの名前が冠されているのは、この愛嬌たっぷりのビーグル犬が「困難な状況でも希望を与え、ミッションの安全を見守る番犬」として、古くからNASAのシンボルに起用されているためだ。

そしてこの、9時位置のサブダイヤルで愛くるしく踊るシルバーのスヌーピー。実はこれ、実際にシルバー スヌーピー アワード受賞者へ送られるシルバーピンと同じポーズ。実に由緒あるスヌーピーなのである。

ケースバックは月と地球が幻想的な美しさを醸す。クロノグラフ秒針が動作すると、司令機械船(CSM)に乗り込んだスヌーピーが月面を目指して旅をするという斬新な仕掛けもたまらない。
このスペシャルなスピードマスター、スヌーピーモデルの発売は今月末の予定。
実は、シルバースヌーピーアワードの記念スピードマスターは2003年、2015年に続き、今作が第3弾となる。過去2作はあっという間に完売。3度目の正直、逃すことなかれ。
 
[問い合わせ]
オメガお客様センター
03-5952-4400
原嶋鉄人=文


SHARE