OCEANS

SHARE

2020.10.31

時計

過去を忘れた先に生まれる新たな伝統。ブレゲの腕時計「トラディション」

文字盤をオフセットし、左右シンメトリーに輪列が並ぶ。この特異なレイアウトをむき出しにした時計が「トラディション」だ。
だがそれもまるで地層のように堆積した過去のアーカイブに成り立つ。
ブレゲの「トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097」
ブレゲの「トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097」。
モチーフは1796年の1本針の懐中時計「スースクリプション」であり、同系「モントレ・ア・タクト」を経て、2005年の誕生にいたる。
だが開発を指揮したニコラス・G・ハイエックは「過去を忘れろ」と指示し、その成果を「私たちは空前絶後の冒険をしているね」と称賛したという。
ブティック限定。K18WGケース、40mm径、自動巻き。391万円/ブレゲ(ブレゲ ブティック日本橋三越本店 03-6665-0143)
本作はレトログラード式の秒針を装備。伝統は決して過去のコピーでないことを示している。
 
※本文中における素材の略称:K18=18金、WG=ホワイトゴールド
鈴木泰之=写真 柴田 充=文


SHARE

オーシャンズ メルマガ

RANKING