OCEANS

SHARE

2020.09.16

からだ

ビールで喉が潤う? いえ、乾きます。“酒飲み管理栄養士”に聞く正しい飲み方

「カラダのメンテナン酒」とは……
涼しくなってきたとは言え、まだ少し身体を動かせば随分と汗ばむ季節。乾きが喉を支配しているときに流し込むビールは格別だ。
五臓六腑にシュワシュワと染み渡り、身も心も潤っていく。この至極の一杯を楽しみたいがために、あえて小一時間前から水分補給を控える戦略家もいる。喉の乾きをMAXまで高めてから、キンキンに冷えたビールを迎えるのだ。ふふ、策士よのう。

「ちょっと待った! ビールは飲めば飲むほどカラダを枯らします!」。
そう警鐘を鳴らすのは、自らを“酒飲み管理栄養士”と語る、高杉保美さん。彼女によると、乾いたカラダにビールは危険&太る原因になるとのこと。ちょ待てよ! どういうこと!?

話を聞いたのは……

高杉保美●無類の酒好き管理栄養士。業界最大手プライべートジムにて2000人以上に栄養指導。重力に負けないカラダ・下がらないカラダづくりを食事から徹底的にサポート。著書に『やセレクション 〜これを選んで食べたら、15kgやせました〜』(主婦の友社)。Instagram(@homi1112)。


2/4

RANKING