OCEANS

SHARE

2020.09.01

時計

見つけたら即ゲット! ヴィンテージミリタリー時計のお宝6モデル

「ミリタリーウォッチ ブートキャンプ」とは……
ヴィンテージウォッチの鉱脈を掘り続けていると時折見つかる“お宝”がある。
外装まで手を抜かない一流ならではの仕事が、ミリタリーウォッチの常識を上回る品質を生み出す。
名だたる有名ブランドが軍に納入したミリタリーウォッチは、安定した資産的価値とともに、高級機に劣らないクオリティが味わえる。
参考までに、“選りすぐりの銘品6本”を紹介してみたいと思う。
 

1.オメガ イギリス空軍 ファットアロー 6B/542

オメガは多くの軍用時計を手掛けており、一部のレアモデルを除いて出合う機会は意外と多い。そんな中、これは別格。イギリス空軍に納入していた通称“ファットアロー”だ。
「オメガ イギリス空軍 ファットアロー 6B/542」 1953年製、SSケース、37mm径、手巻き。55万円前後(実勢価格)/キュリオスキュリオ 03-6712-6933
このモデルは、軍の規定で夜光塗料がトリチウムに変更した際に、イギリスMOD(国防省)が納品済みの時計をリダイヤルしたという代物だ。
ヴィンテージウォッチの世界では、文字盤の交換、あるいはリダン(書き換え)はマイナス評価になるのが常識だが、この場合は別。
オメガらしいパフォーマンスにも目を見張る。
搭載される“30mmキャリバー”と呼ばれる手巻きムーブメントは、耐久性と精度に優れ、メンテンナスを配慮した簡易的な設計にも定評がある。
耐震装置を装備したCal.283。ピンクゴールドのメッキは装飾と耐久性の向上を兼ねて施したとされる。
このほか、ミッションに不可欠な耐磁性や防塵性を確保する二重蓋構造を採用したケースにも着目したい。
入手が極めて難しいオリジナルダイヤルの“シンアロー”に対して、実勢価格が約3分の1ということも覚えておこう。


2/6

RANKING