OCEANS

SHARE

2020.09.04

ライフ

環境のための脱・レジ袋化なのだから、究極にエコなエコバッグを探してみた

「“本命”エコバッグ」とは……
脱・レジ袋化の背景には環境への配慮がある。せっかくエコバッグを選ぶのなら“素材”に着目してみたらもっと面白いかも。
ってワケで、クリーンな素材で作られた、超エコなエコバッグを招集。

“もったいない”をカタチにしたバッグ

「R-コットントート」/フリーレイジ
H45×W30×10cm 3500円/フリーレイジ 075-323-7683
このバッグに使われているのは、綿糸を製造する際に削り落とされていく綿の残りカス。つまり、不要とされていた産物である。その綿の残りカスには、「コンタミ」と呼ばれる葉ゴミや種カスが混在しているため、これまで世に出ることはほとんどなかった。

ただ、このバッグを手に取れば、それらが生地に自然なムラを生み、なんとも味わい深い風合いを作り出していることがわかる。
決して品質を下げることなく、むしろ肌触りも良く、洗濯するほどにふっくらとした優しいフォルムを描き出すことにも気付くはずだ。

まるで“もったいない精神”の化身のようなバッグ。レジ袋を使うなんてもったいない! と感じるようになった今、エコバッグもこんなエコなアイテムから登用したい。
 

厳しい審査をくぐり抜けた本物のオーガニック

「R-コットントート」/マイケルリンネル
H40×W46×10cm 2500円/マイケルリンネル(カーツ 03-5791-2617)
英国でも指折りのバッグブランド、マイケルリンネル。ポストマンたちのハードワークを支えてきた歴史がその屈強さを物語る。
メッセンジャーバッグはよく知られるところだが、こちらは至ってシンプル、かつクルクル丸めてコンパクトに持ち運べるトートバッグだ。

使用したのはオーガニックコットン。いわゆる化学肥料を使わずに育てたコットンは、体にも地球にも優しいシロモノ。ファッションシーンにおいてもあらゆるアイテムに使われているが、こちらはモノが違う。何せ、あの「GRS」のお墨付き。

GRS(Global Recycled Standard)は、リサイクル含有物、加工流通過程管理、社会および環境慣行、化学規制の第三者認証といった要件を設定した国際的な完全製品基準のこと。ワールドクラスの信頼に足る素材で仕上げられたアイテムならば、安心して使えるってもんだ。


2/2

RANKING