OCEANS

SHARE

2020.08.15

時計

海な青、山なグリーン、街な黒。「ロイヤル オーク オフショア」の限定色が見せる個性

オーデマ ピゲ自慢のラグジュアリースポーツウォッチ「ロイヤル オーク オフショア」。

そのルーツとともに、店頭に届いたばかりのブティック限定モデルについてレビューしよう。

高級時計の潮流の真逆を行ったオフショア

「ロイヤル オーク」の20周年にあたる、1992年。「ロイヤル オーク オフショア」は、オーデマ ピゲに在籍する若手デザイナーであったエマニュエル・ギュエの手によって産声を上げた。
「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」ブラックセラミックケース、44mm径、自動巻き。365万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン  03-6830-0000)
「オフショア=沖合」を冠したモデル名からもわかるように、10気圧の防水性を含む、「ロイヤル オーク」をベースにエクストリームスポーツウォッチという明確なコンセプトを掲げ、オーデマ ピゲは新たなチャレンジに挑んだ。
翌1993年、バーゼルワードで「ロイヤル オーク オフショア」は発表の機会を得たものの、「より小さく、より薄く」という当時の高級時計の流行を真逆で行くボリューム感にこだわった42mm径のクロノグラフは、容易に受け入れられる代物ではなかったが、その反面、大きなインパクトを残した。
「ロイヤル オーク オフショア」の記念すべきファーストモデル「Ref.25721ST」。
それから数十年が経った現在、「ロイヤル オーク オフショア」は色使いや素材を追求することでオーデマ ピゲのフラッグシップに相応しい進化を遂げている。
メンズでは、「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ 」が42mm、44mmの2サイズがあり、派生モデルの「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」、37mm径に抑えたレディスモデルと、コレクションの拡大にも成功。
目を楽しませてくれる最上のラグジュアリースポーツウォッチとして、存在感を年々高めている。


2/2

RANKING