OCEANS

SHARE

2020.08.08

あそぶ

「サーフィンとランニングは似ている」フリーランスデザイナーが走り続けるワケ

running up date 
「Running Up-Date」とは……
「サーファーには走ることを薦めたいし、特にトレイルランニングとサーフィンは、そもそも親和性が高いと思っているんです」。そう語ってくれたのは、鎌倉生まれ鎌倉育ちの井口 創さん。
地元の先輩の影響で高校生の頃からサーフィンを始め、手取り足取り教わるうちにすっかり没頭。やがては「波があるときに自由に乗りにいける生活」を手に入れるためにデザイン関係の仕事を選択するまでに。
つまるところ、波乗りを日常生活における最優先順位に位置づける、生粋のサーファーだ。

作業の節目に走ることで、机の上も頭の中もスッキリ整う

若い頃はニュージーランドへ1年間のサーフトリップに出かけたり、バックパッカーとして世界を一周したこともある井口さん。サーフィンも好きだが、旅すること自体にも魅了された。
running up date
「サーフィンを続けていくために、働く時間を自身で調整できる仕事に就きたいと考えました。ちょうどエディトリアルデザインに興味があったので、この道を突き詰めればいいのでは? と、東京にあるデザイン事務所の門を叩きました」。
10年ほど研鑽を積み、晴れて独立。いい波を求めて自由にサーフィンできる時間ができた一方、部屋にこもって作業する時間も増えることに。ま、当然といえば当然だ。
「毎日波があればそれに越したことはないのですが、そうもいかないので、何かほかの息抜きを探していました。同時期に東日本大震災を経験し、ふと思い立って数kmほど走ってみたんです。学生時代、陸上部に所属していたことも背中を押したのかもしれません。当時は長距離走はしていなかったんですけどね」。
running up date
そして、いざ走ってみると……。
「すげー気持ちがいい! と、一気にのめり込みました。シンプルに体を動かす気持ち良さがありますし、頭がスッキリするのも良いですよね。これは仕事にも好影響で、モヤモヤ試行錯誤していたことが整うんです。机の前に張りついてずっと作業し続けていると、デザインの方向性も混迷してくるんですよ。
そこで一旦、小休止してランニングすると、走っているうちに考えが整理されるんですよね。それに気が付いてからは意図的にランニングを活用するようになりました。デザインが出来上がってからすぐ納品するのでなく、走ることで一度フレッシュな状態に戻して、俯瞰してから納品するんです。サーフィンでもいいのですが、そのときに波があるとは限らないので(笑)」。


2/3

RANKING