OCEANS

SHARE

2020.08.28

ファッション

残暑対策のサングラスに、オーシャンズがレコメンする4ブランドはコレ!

サングラスを探しているなら、知っておきたい4ブランドを厳選!
サンフランシスコのアウトドア好きブランドに、マーシーことモデルの三浦理志さんもヘビロテ中のあのコラボまで。うーん、どれも欲しいぞ!
 

SUNSKI サンスキ

サングラスを買うなら知っておきたい、オーシャンズ的おすすめ4ブランド/サンスキ
1万3000円/サンスキ(ゴールドウイン 0120-307-560)
フレームにリサイクルプラスチックを用い、パッケージはプラスチックフリーで、売り上げの一部を環境保護団体へ寄付。サンフランシスコのアウトドアマンが手掛けるブランドは、サステイナブルな取り組みを推進する。
と同時に、フレーム構造に強くこだわり快適なフィット感を実現。しかも純正で偏光レンズを搭載する。今作はビーチの砂塵や雪山の吹雪を遮るサイドカバーが付属し、ここにもアウトドア好きの英知が宿る。
ふたりのアウトドアマンがアウトドア好きのためにスタートさせたサンスキ。
ふたりのアウトドアマンがアウトドア好きのためにスタートさせたサンスキ。サステイナブルな取り組みと、海や山、雪山、街とあらゆるフィールドに使えるのが特徴で、カジュアルなプライスにも注目!
そういえば「サンスキ」というブランド名も、夏の太陽から冬のスキーまでを示唆? しかもサンスキ……太陽が好きって、まさかね。
 

ARTICLE ONE×TRACKSMITH アーティクル ワン× トラックスミス

サングラスを買うなら知っておきたい、オーシャンズ的おすすめ4ブランド/アーティクル ワン× トラックスミス
2万円/アーティクル ワン× トラックスミス(アイシンク ヒロブ 新宿フラッグス 03-5361-7004)
昨年の9月にオープンした「アイシンク ヒロブ」は、“知る人ぞ知る”をピックアップする名店として早くも地位を確立した模様だ。そこで今回見つけたのが、「アーティクル ワン」と「トラックスミス」のコラボモデル。
アメリカ・ミシガン州に本拠地を構える前者は、イタリアとオーストリアの国境付近の山奥でアイウェアを生産。スタンダードなデザインにスポーツテイストを程良くミックスする手腕に長け、ランニングブランドである後者との合作と相成った。
鮮やかなクリアグリーンのフレーム、ラバー製のノーズパッド。これはもう、走り出さずにはいられない! 


2/2

RANKING