OCEANS

SHARE

2020.08.20

ライフ

サーファーの望みを叶えた海辺の家[セカンドハウスのある生活 CASE.4]

仕事と遊びを一体化させたライフスタイルを実現する人たちを追う企画「セカンドハウスのある生活」。
ラストは千葉県・勝浦に、異国情緒溢れる住まいを持つ佐々岡さんだ。「サーフィンが好きだから、海の近くに複数の住まいを設けて貸別荘としても活用しています」。
第1弾 神奈川県・葉山編第2弾 長野県・八ヶ岳編第3弾 神奈川県・丹沢編も併せてチェック!

都心よりも自然がある場所にいたい

「今日もいい波。仕事の前にさくっと入ろうかな」。会社員・佐々岡浩二さん(仮名)の千葉県勝浦 の家。
「今日もいい波。仕事の前にさくっと入ろうかな」。会社員・佐々岡浩二さん(仮名)の千葉県勝浦の家。
千葉県勝浦市にあるサーフスポット、部原海岸の海を見下ろす高台に立つ一軒家。屋根も壁もワントーンの赤褐色に包まれ、ビザールプランツの植栽が異国感を煽る。屋内に入って待ち受けるのは、息をのむ壮大なオーシャンビュー。勤務先は都心という佐々岡さんは、どうしてこのような場所に家を持ったのか。
「実はここはセカンドハウスで、本宅は少し離れた千葉の海沿いの街にあるんです。大学生のときにサーフィンにハマってから、海なしの生活は考えられなくなったんですよね。電車に乗れば会社まで片道1時間半。リクライニングシートに座って通勤でき不便さは感じません。
セカンドハウスを持ってからは、家族と週末に非日常感を味わいに来たり、使っていないときは貸別荘として活用しています。暮らし・遊び・仕事のバランスが海沿いでより熟成されている感覚ですね」。
築30年の家をフルリノベーション。すすけていた梁は自身で表面を全部剥ぎ、きれいに磨いた。
築30年の家をフルリノベーション。すすけていた梁は自身で表面を全部剥ぎ、きれいに磨いた。屋根も半分以上は自分でドライワックスをかけたという。照明はニューライトポタリーのもの。自然の明るさを活かすため照明はミニマルに。
この場所を2拠点目に選んだ理由は、まさにひと目惚れだった。日頃から部原の海にサーフィンをしに来ていて土地勘は多少あったが、地元不動産業者のサイトでたまたま物件を見つけて即決。既にあった家屋をフルリノベーションする計画が始まった。
千葉の海沿いは土地の値段が都心と比べるとかなり安く、複数の拠点を持つうえでは現実的な環境なのだと、佐々岡さんは話す。
「一般的に家は都心部に行けばそれだけ価値が高まりますよね。毎日会社に行くことが前提になっていることも理由だと思うんですが、半面、普通の会社員だと高すぎて都心に良い家はなかなか買えない矛盾も起きている。
もし買えたとしても家のローンを背負い働き続けなければいけないし、仕事や移動の自由は制限されてしまいます。その点、僕は何より素晴らしい自然の風景がある場所に価値があると思っています。それはサーフィンをしているから気付けたことなんです」。


2/3

RANKING