OCEANS

SHARE

2020.08.10

時計

“欲しい!”が見つかるウォッチマッピング。カジュアルなスポーツ時計ならこの5本

今年発表された新作時計を、まずは大きくスポーツとドレスに二分。それぞれをレガシー&モダンという軸でマッピングしていくと、新たな配置図が見えてきた!
それではカジュアルなスポーツウォッチ部門から紹介していこう。

 

[レガカジ 1]高品質を体現し合う異色のコラボ作

ORIS オリス/オリス X 桃太郎ジーンズ
オリジンは1965年。SS×ブロンズケース、40mm径、自動巻き。23万4000円/オリス(オリスジャパン 03-6260-6876)

ORIS
オリス/オリス × 桃太郎ジーンズ

アーカイブから着想を得ているレトロダイバーズ。グリーンのグラデーションダイヤルやイエローのインデックスに目が行くが、真の見どころはデニムストラップにあり。
インディゴに染められたそれは、岡山県に拠点を置く桃太郎ジーンズによる手縫い仕上げの一本。スイスと日本のクラフツマンシップが融合する。開発のストーリーも興味深い。
 

[レガカジ 2]カーキカラーでよりファッショナブル

SEIKO PROSPEX セイコー プロスペックス/ストリートシリーズ SBDY059
1988年から続く、スキューバダイビング対応モデル。SSケース、43.2mm径、自動巻き。6万4900円/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ 0120-061-012)

SEIKO PROSPEX
セイコー プロスペックス/ストリートシリーズ SBDY059

1988年、「ダイバースキューバ」コレクションが発足。こちらはそれに属する2018年スタートのストリートシリーズであり、アイコニックな外胴プロテクター付きダイバーズの色使いを一新。
アーバンサファリをテーマとするカーキを身に纏い、よりファッショナブルに進化した。


2/2

RANKING