OCEANS

SHARE

2020.07.10

ニュース

消化不良に着目した100%植物由来のプロテインで、手軽に生活改善を

「ホエイ」でも「ソイ」でもない新たな選択肢として、植物性プロテインがアメリカでブームになっていることは先日お伝えした。
今回注目したいのは、“消化不良を失くす”という観点から開発された美容サロン発の植物性プロテインだ。
フレーバーはココア味と抹茶味の2種類。「プロテインナチュラグランプロ」20袋入り 6800円/ともにエステプロ・ラボ(プロラボホールディングス 03-6436-9750)
そもそもプロテインとはタンパク質のこと。
タンパク質は肉や魚に多く含まれているが、これらの動物性タンパク質を摂取しすぎると消化不良を起こしやすく、腸内のバランスを崩してしまう可能性がある。
そこで、インナービューティーの専門指導を行う美容サロン「エステプロ・ラボ」が開発したプロテインがこちらである。
特徴は、100%植物由来のタンパク質である「エンドウ豆タンパク」「大豆タンパク」「発芽玄米タンパク」を独自配合したこと。エンドウ豆は、筋合成を助けるBCAAを豊富に含むほか、その栽培方法から環境に優しいプロテインとして注目を集めている。大豆は体内に必要な必須アミノ酸をすべて含み、発芽玄米は食物繊維を多く含んでいる。
さらに、消化を促す水溶性の食物繊維や、栄養価の高い9種類のスーパーフードを配合。
つまり、筋合成を助け、腸内のバランスを整え、栄養もたっぷり摂取できる一石三鳥のプロテインなのだ。
「プロテインナチュラグランプロ」に含まれる成分。
プロテインの味を左右する甘味料にもこだわりが。
白砂糖や人工甘味料を使用しない代わりに、「有機アガベシュガー」と呼ばれる甘味料を採用。血糖値の上昇度を示す指標となるGI値が白砂糖の1/4でありながら、約1.5倍以上の甘さを持つため、少量でも十分な美味しさを実感できる。
摂取量の目安は1日1~2袋が理想。1袋を150〜200mlの水や豆乳などに溶かして飲むだけでOK。これなら忙しい日々を送っていても無理なく続けられる。
身体に優しい100%植物由来のプロテイン。タンパク質の補給としてだけでなく、さまざまな栄養素の摂取としても活用したい。
 
[問い合わせ]
プロラボホールディングス 
0120-911-854
齋藤久美子=文


SHARE

RANKING