OCEANS

SHARE

2020.07.23

ライフ

プロ&アマの料理好き10人が愛用する、ベスト・オブ・包丁&ナイフ

男がこだわるキッチン道具の最たるものは、やはり包丁やナイフだろう。
切れ味はもちろん、その重厚感や使いやすさ、そして一生使える耐久性など、魅力は尽きない。その愛着ぶりをご覧あれ。
 

機能性もデザインも日常に寄り添った優れもの

[左]「グローバル」の牛刀、ペティナイフ[右]「グローバル」の小出刃包丁
[左]「グローバル」の牛刀、ペティナイフ
家庭で使う道具は、レストランのものとは別物です。このオールステンレスの牛刀とペティナイフはメンテナンスがしやすく衛生的。
デザイン的にも家庭のキッチンによく馴染みます。使い勝手の良さもポイントで、家ではこれでニース風サラダをよく作りますね。
アビス オーナーシェフ
目黒浩太郎さん(34歳)
 
[右]「グローバル」の小出刃包丁
18歳でひとり暮らしを始めてからずっと愛用しているブランドです。見た目がクールで、ステンレス特有のサビに強いという利点も頼もしい。
趣味の海釣りで釣った魚を、こいつで刺し身や煮魚用に捌く。その瞬間は何ものにも代えがたく、日々のストレスも解消してくれます。
スタイリスト
坂井辰翁さん(43歳)
 
 

21年間ずっと切れ味抜群。思い出深い一生もの

21年前に購入した柳刃包丁、出刃包丁
21年前に購入した柳刃包丁、出刃包丁
服もそうですが、一生ものに惹かれます。手に入れたのは21年前、寿司職人の友人から魚料理を学んでいたとき。彼の馴染みのお店へ連れていってもらい、研ぎ石と一緒に購入しました。
思い出深いし、何よりも切れ味が最高なんです。魚の調理はこれに限ります!
モデル
三浦理志さん(49歳)
 
 

三者コラボして作ったパーフェクトギア

「レミー」のクロの包丁
1万182円[税込]/レミー info@remy.jp
「レミー」のクロの包丁
包丁の町・岐阜県関市の老舗メーカーと、プロダクトデザイナー・柴田文江さんの協力を得て4年をかけ開発した三徳包丁、「クロの包丁」です。
食材と包丁の摩擦係数を極限まで減らすコーティングで切れ味抜群。耐久性と洗いやすさも文句なしです。
レミー代表
和田 率さん(40歳)
 


2/3

RANKING