OCEANS

SHARE

2020.06.30

ファッション

アメカジ・グランジ・駄目オヤジ擁護論!? 小林 学さんが考察する「映画とルームウェア」

子供の頃は毎日が夏休みだったらいいのにな、と教室の窓から外を眺め、ボーッと思いにふけっておりましたが、まさかこの年になって、全世界的に外出禁止などというSFホラーのような状況になるなんて想像だにしませんでした……。
そんな人生未体験な日々を過ごす中、「映画とルームウェア」というテーマでのコラムの話を頂きました。そのとき、巣籠もり10日目だったボクには、真っ先に頭をよぎる作品が浮かびました。
ルームウェアが印象的な映画といえばこれしかないでしょうと思う一本、それはジョニー・デップ主演の映画『シークレット・ウインドウ』(2004年公開)。もう、カッコいいのなんの。
『シークレット・ウインドウ』のジョニー・デップ
『シークレット・ウインドウ』スティーブン・キングの小説「秘密の窓、秘密の庭」を、「スパイダーマン」など多数の作品で脚本を務めるデヴィッド・コープ監督が映画化。 ©️Album/AFLO
当時41歳のジョニー・デップ、オーシャンズ世代ど真ん中ですね。ボクに刺さったのは、ジョニーのキャラ設定がちょっとダメな小説家というところ。離婚調停手前だったり、盗作騒動の過去があったりと……人生の疲れが穴のあいたガウンからいい感じで染み出してるのです。2.5枚目の中二病小説家といったところでしょうか。
では、スティーブン・キング(『シャイニング』『ショーシャンクの空に』ほか多数の著書を持つ)原作のこの映画の概要を軽くご紹介。
ヨメの浮気現場を目撃してしまった小説家の主人公モート・レイニー(ジョニー・デップ)は街中の家を放棄して、かつて買っていた湖畔の別荘で巣籠もりを決め込む。そんな執筆活動をすることとなった矢先、ミシシッピーから来た謎の男ジョン・シューターから盗作の因縁をつけられ、精神的に追い詰められるモート。
そして後半、謎の男ジョンと直接対決と思いきや、事態は意外な結末に……。とまぁこんなあらすじです。これぞ王道、米式サスペンス!


2/3

RANKING