OCEANS

SHARE

2020.07.13

ファッション

直感で「いい!」と思えばそれでいい。ユニークな企業Tシャツを楽しもう

「プリントの意味を十分に理解して選ぶべきだ」。そんな原理主義的な価値観よりも、古着のTシャツは感性を重視して選ぶほうがウン倍も楽しい。それを教えてくれるのが、いわゆる企業モノと呼ばれるTシャツだ。
中学時代からヴィンテージにハマったというミスタークリーンの栗原道彦さんに、そのオモシロさを聞いてみた!
 

遊び心たっぷりの企業モノTシャツ

全米にある老舗百貨店メイシーズのもので、内容から察するに、1980年代に表彰された従業員に贈られたものであると推測できる。/ミスタークリーン
全米にある老舗百貨店メイシーズのもので、内容から察するに、1980年代に表彰された従業員に贈られたものであると推測できる。それが古着として流通していることの切なさも噛み締めたい。5500円/ミスタークリーン 090-2206-1755
古着バイヤーとして長年日米を往復してきた栗原道彦さん。自分自身も感性を重視した価値観で企業モノTシャツを楽しみ、今も積極的に買い付けているという。
「アメリカで変なTシャツを着てると、街角ですれ違うおばちゃんに話しかけられたりするんですよ(笑)」。
たとえ使ったこともないメーカーや行ったこともない店のものでも、現地の人が面白がってくれるかもしれない。それに、何よりデザインが自由で見栄えするものが多いのだ。
「企業モノ特有のユニークなデザインを面白がってほしいですね。直感で、いい!と思えば、それでいいんです。それが古着との正しい向き合い方だと僕は思っています」。


2/3

RANKING