OCEANS

SHARE

2020.07.12

ファッション

古着界のレジェンドが選ぶ、大人に着てほしいヴィンテージTシャツ

日本を代表するヴィンテージショップ「ベルベルジン」の店主・藤原 裕さん。数々の古着を扱ってきたレジェンドだが、最近Tシャツに対する思いに変化が現れたという。
その真相を探るとともに、オーシャンズ世代に着てほしい古着Tをセレクトしてもらった。
 

古着界の重鎮が懐かしむTシャツ

定番のカレッジTシャツ。/ベルベルジン
定番のカレッジTシャツ。なかでもハーバードはイェールと双璧を成す人気の大学だが、これはカレッジカラーのエンジではなく、なぜかネイビーという変わり種。チャンピオンのボディは1980年代製。1万9800円/ベルベルジン 03-3401-4666
Tシャツが自己主張のツールになったのは戦後以降で、それまでは下着でしかなかった。ヴィンテージに傾倒してきた藤原裕さんだけに、Tシャツにもより古いものを求めがちだったという。
しかし、ここにきて考え方にちょっと変化が。
「古いTシャツとなるとカレッジものとかミリタリーものが大半で、そのほかは無地ばかり。ヴィンテージとしての価値は高いけど、そうじゃなくてもプリントやデザインが面白い1970〜80年代のものもアリだな、と思うようになったんです」。
むしろ、買い付けでアメリカへ行くたび、若年層を中心にその年代のTシャツが高く評価されていることに気付かされたという。
「ここで紹介したのは、僕ら世代が実際に生きてきた時代のもの。いい大人だって古着のTシャツをこんな感じで遊んでもいいんじゃないかって、今は思ってるんです」。


2/3

RANKING