OCEANS

SHARE

2020.07.07

ファッション

実態のない古着店「ウェーバー」。謎多きショップが語るヴィンテージTシャツの魅力

こと古着において、Tシャツというのは追求するほどに奥深く、底の見えないアイテムのひとつ。ロックTのようにポピュラーな存在ならまだしも、製作意図も出自も不明なものが多すぎるのがその主な理由だ。
さらに、今でこそ特別な価値のあるヴィンテージTシャツも、作られた当時は単なる量産品であることが多く、汚れたら捨てられるというごく普通の消耗品としての運命をたどる存在だいう事実もその深淵さに拍車をかけている。
そんな謎多き、ヴィンテージTシャツに心酔し価値を見いだしてきた好事家たちはいつの時代もいるわけだが、ウェーバーという古着店は間違いなくそんな存在といえる。
1980年代を代表する写真家、ブルース・ウェーバーが撮り下ろした永遠のユースの象徴、リバー・フェニックスのTシャツ。/ウェーバー
1980年代を代表する写真家、ブルース・ウェーバーが撮り下ろした永遠のユースの象徴、リバー・フェニックス。モックネックのロンTという変わり種で、グラフィックもセンス良し。価格未定/ウェーバー Instagram@weber71
実店舗もECサイトも持たない異色のショップで、販売形態は主に不定期に行われるポップアップのみ。実は主宰する池田 仁さんは某大手通販サイトに勤める人物で、2018年4月に副業として数人の仲間とともに同店をスタートさせた。
現在はバイイングと営業を池田さんが、企画とブランディングを相方の畠中一樹さんが担当し、その2名を中心に運営されている。「セレクトの基準は、“自分たちが好きなもの”。売れなかったら自分たちで着ればいいや、っていうスタンスです」と池田さん。


2/2

RANKING