OCEANS

SHARE

2020.06.03

ライフ

既婚子持ち40代の会社員男性が感じた在宅勤務のメリットとデメリット

隣のオッサン
「隣のオッサンは青いか?」とは……
緊急事態宣言が解除され、「新しい生活様式」の名のもと徐々に日常を取り戻しつつある今。その一方で、完全に元に戻すのではなく「在宅勤務が可能なら続けるべき」という声も挙がっている。
「毎日会社に行かなくても自宅でできるならそれでいいし、余った時間を有意義に使いたい」というのは素直な反応だと思うが、そこで気になってしまうのが「そもそも在宅勤務ってどの程度実施されているのか?」ではなかろうか。
今回は、隣の40代男性の在宅勤務状況を聞いてみた。
 

在宅勤務率は半数弱。時差通勤も含めれば50%超

Q.新型コロナウイルス流行の影響で在宅ワークに切り替える企業が増えています。今現在、あなたの会社ではどんな働き方になっていますか?
・在宅勤務になった 20.8%
・一部在宅勤務になった 27.4%
・在宅ではないが時差通勤など別の措置があった 12.3%
・何も変わっていない 39.6%
まず、このアンケートを実施したのは緊急事態宣言からおよそ1カ月後のこと。“ステイホーム”、“外出自粛ムード”の真っ只中である。そんな状況下でも、在宅勤務で働いていた人は約20%、一部在宅勤務という人は27.4%と、合わせても半分に満たないのが実情。「時差通勤など別の措置があった」という回答を含めれば、新型コロナウイルスの影響で働き方に何かしらの変化があった人は過半数を超える。
一方で「何も変わっていない」と回答した人は約40%。各々の仕事の状況や職種による事情は当然あるだろうが、時代に合わせた働き方の変化が全体に浸透するには、まだまだ時間がかかりそうだ。


2/3

RANKING