OCEANS

SHARE

小さな違いがアウトドアでの大きな違いを生み出す

SOTO
テーブルトップバーナーとして、庭先で鍋物や鉄板料理などにも活躍する。
キャンプ道具の大定番、2バーナー、ダッチオーブン、焚き火台もSOTOが手掛けるとひと味違う仕上がりになる。
「レギュレーター2バーナー GRID」を例に見てみよう。気温の低さや連続使用に弱い製品の多い2バーナーだが、この製品はSOTOお得意のレギュレーターを搭載することで弱点を解消している。
ガス缶をバーナーの下に寝かせてセッティングする薄型のスタイリッシュなデザインを採用し、2バーナー専用のテーブルの必要がないことも、地味だが使い勝手を良くする重要なポイントとなっている。
SOTO
ガス缶が設置を邪魔しない配置。サイドの風防は取り外しできる。ゴトクも大きく、料理がしやすい仕様だ。
従来の鋳鉄製が当たり前だったダッチオーブンは、オールステンレスを採用した「ステンレスダッチオーブン」を開発。
SOTO
8インチ、10インチ、12インチ、10インチハーフの4サイズ展開。
これにより、使い始めに行う慣らし作業(シーズニングと呼ばれ、初級者にはなかなかハード!)が不要に。しかも、使用後に毎回サビ防止用の油を塗り込む手間もない。また、海辺での使用も安心だ。
自宅の鍋と同じような感覚で使える、まさにダッチオーブンの常識を打ち破る製品に仕上げられている。
SOTO
焚き火でもキッチンでも(汁物ならばIHもOK)、同じように使える新感覚のダッチオーブンである。
焚き火台「エアスタ」にも独創的なアイデアが盛り込まれている。
SOTO
宇宙船のような未来的なデザインには、見た目だけでなく、機能的な理由が込められている。
筒状になった台座は、底面から横風を取り込み、種火の着火と燃焼をアシストしてくれる仕組み。焚き火ビギナーにも優しい画期的なデザインなのだ。
4枚の羽は取り外しが可能で、MかLか選ぶサイズで焚き火台の大きさを変えることもできる。
SOTO
収納時はバラしてコンパクトに収納ケースへ。この筒が空気を取り込み、スムーズな着火をアシストする。


3/3