OCEANS

SHARE

2020.05.04

ライフ

TVじゃできない魅力の沼。大人がハマる5つのYouTubeチャンネル

「インドアライフ充実術」とは?
かつては「YouTuber=イタい素人」のようなイメージがあったが、時代は変わった。今やお笑いタレントも続々参入、さまざまなYouTuberが独自の切り口で創意工夫を凝らしている。
ってワケで今回は、YouTube視聴デビューに最適な、オーシャンズ世代にも刺さる人気チャンネルを厳選。
テレビには映らない、コアな魅力にヤラれたまえ。
 

①2020年代は落語もYouTubeで
「春風亭一之輔チャンネル」

 
落語好きなら春風亭一之輔の名前を知らない者はいないだろう。ほとんどテレビ出演はなく、大喜利もやっていない。あくまで落語の腕一本で勝負し、2012年には33歳の若さで真打昇進を果たすなど、その実力は一級品である。
現在、新型コロナウイルスの影響で寄席や興行は軒並み中止となっているが、そこで春風亭一之輔はYouTubeチャンネルを開設。4月21日からトリを務める予定だった寄席がキャンセルになったことから同日同時刻、YouTubeにて無観客落語を生配信したのだ。
披露されたのは古典落語の「初天神」。数々の落語家に語られている演目だが、一之輔のそれは独特の話の膨らませ方をすることで評判。予定していた公演スケジュール通り10日連続で配信し、アーカイブも残っているので、ありがたく視聴しよう。
 

②お笑いの生きる伝説、降臨
「エガちゃんねる EGA-CHANNEL」

最強の破天荒芸人、江頭2:50。彼が今年2月、YouTubeチャンネルを立ち上げたことはすでに新たな伝説のひとつである。開始からわずか8日でチャンネル登録者数100万人の大台を突破、4月15日には200万人超えを達成するという破竹の勢いで人気を拡大している。
その内容だが、「また無茶な大暴れをしているんだろう」と思ったら大間違い。確かに体を張ったパフォーマンスも披露したが、多くはトーク形式。私生活へフォーカスしたり、数々の伝説の事実関係ついて答えたり、その人となりやキャリアがよくわかる動画となっている。
さらに、新型コロナウイルス蔓延防止のための自粛を呼びかけるなど、至って真面目なメッセージも発信。初回放送回では「自殺したいと思っている人が俺を観てバカバカしく思うようにしてみせる」と宣言した。YouTubeでしか見られない彼の素顔に、きっと虜となるはずだ。


2/3

RANKING