OCEANS

SHARE

2020.04.25

時計

スウォッチ・コレクターが偏愛する9本の私物。魅力と価値を解説する

コスパ良しな「コレ買っ時計」とは?
前回、スウォッチを集めはじめたきっかけと、大人になってからの付き合い方を教えてくれた中室さん。
今なお“スウォッチ愛”は止まらず、周囲からの「また増えたんですか?」というあきれ声にもめげす、愛するスウォッチを集め続けている。
ムロフィス代表兼ディレクター 中室太輔さん
多くのブランドのPRを務める中室さん。1981年生まれ。あくまでシンプルな中に遊び心を忘れないスタイリングは、数々のメディアで取り上げられ、「スウォッチは大人こそ楽しむべき」という持論を提唱する。
今回は、スウォッチの魅力が詰まった選りすぐりのコレクションを見せてもらった。
 

コレクション1:
スウォッチらしさ全開の9本セット


「じゃあ一番のとっておきから」と、大きな箱を広げる中室さん。コレクターの間でも「見つけたら買っとけ!」と言われているレアな逸品だ。
「スウォッチといえば、オリンピックものが有名です。なかでもこれは歴代の9回のオリンピックモデルがセットになっていて、スウォッチとオリンピックの歴史を象徴するようなセット。それぞれデザイン的にもかっこいいし、気に入っていますね。1964年の東京オリンピックは特に秀逸。まず当時のポスターがいいですし、それを時計のデザインにうまく踏襲しています」。

ちなみに、状態がいいものは9本セットで相場は10万円近くするとのことですが……。
「僕は埼玉のジャンクショップでたまたま見つけて、驚きの9800円でした。安くて即買い。このセット自体が9999個限定なので非常にレア、スウォッチ好きもオリンピック好きも、見かけたら即決をオススメします!」。

 

コレクション2:
アタランタ五輪モデルは絶対だ!


続く1本もオリンピックもの。先ほどのコレクションには収まっていないアトランタオリンピックの記念モデルだ。

「1996年のアトランタ大会のモデルですが、年代的にもこの辺のスウォッチは好きです。そういえば昔、御殿場のアウトレットで’95年くらいまでのモデルが大量に売られていて。業者さんばりにたくさん買った思い出があります(笑)。そういう大人買いができてしまうのも、楽しいところですよね」。
 

コレクション3:
クールなデザインとアイデアに感服!


もう1本、オリンピックに縁の深いスウォッチには、こんな変わり種も。
「これも1996年のアトランタ大会モデルなんですが、著名なアメリカの写真家であるアニー・リーボヴィッツの写真がプリントされています。しかも、ルーペ付き。

もったいなくて1回も使っていませんが、デザインがすごく好きです。こういう独創的で格好いいアイデアを出してくるところが、やっぱりスウォッチっていいブランドだなって思わせますよね」。


2/3

RANKING