OCEANS

SHARE

2020.04.18

時計

アメリカ軍が愛したミリタリーウォッチ5選。欲しくなる背景を簡単解説!

コスパ良しな「コレ買っ時計」とは?
何時だって我々と一緒の腕時計。ときに過酷な戦場が舞台になることもある。
ミリタリーウォッチとは、そんな出自を持ったタフネスの塊。頑丈さだけでなく、特徴である武骨なデザインも、男心をくすぐる大きな要素だ。
そんな傑作の多いミリタリーウォッチのなかでも知っておくべき名作を5本、ピックアップした。
 

1:「ハミルトン」カーキ フィールド メカ

SSケース、機械式手巻き、38mm径、5万8000円/ハミルトン(スウォッチグループジャパン 03-6254-7371)

往年のアメリカ軍を支えた歴史的マスターピース

通称「ハックウォッチ」。1940年代、第二次世界大戦中にアメリカ軍へと支給されたモデルをルーツとする「カーキ フィールド」は、今なおハミルトンのアイコンとして親しまれる。
名作の根幹をなすのは、リューズを引くと秒針の止まるストップセコンド機能。これを用いて「ハック!」の号令とともに隊員が時刻を合わせ、正確な任務遂行を可能にしたという。
マットなステンレススチール製の38mmケースにNATOストラップという組み合わせは、もはや形式美。蓄光性のスーパールミノバが施された針など見どころ満載で、機能もルックスもミリタリーウォッチの王道中の王道だ。
 

2:「タイメックス」オリジナル・キャンパー

樹脂ケース、クォーツ、36mm径、8300円/タイメックス(ウエニ貿易 03-5815-3277)

堅牢かつ手軽な1本は、ファッション界からも引っ張りだこ

1917年にアメリカ軍最初期のミリタリーウォッチを手掛けたタイメックス。キャンパーはベトナム戦争期に供給されたミルスペック準拠モデルをモチーフとしている。戦場での使用に耐えうる堅牢性、視認性ではもちろんのこと、電池交換の不要な手巻き式のディスポーザル(使い捨て)ウォッチとして大いに活躍した。
約四半世紀ぶりに復刻されたこのクォーツモデルは、36mm径で重さわずか18gと軽量&コンパクトサイズながら、無駄のない完成されたデザインで独特の存在感を放つ。
シンプルゆえにファッションとの親和性が高く、多くのブランドがコラボモデルをリリース。現在進行形でポテンシャルの高さを見せつける。


2/3

RANKING