OCEANS

SHARE

2020.04.04

ライフ

『こち亀』は全4万790ページ、169時間58分。予想読了時間で逆引く名作マンガ

「インドアライフ充実術」とは…
家の中には家の中の楽しみ方がある。その代表例がマンガだ。
前回は『キングダム』や『鬼滅の刃』など、今話題の人気作をお伝えしたが、今回はすでに完結した不朽の名作をお届け。条件は、①すでに連載が終わっていて(または長期休載中で)②大人にも人気があって③100巻を超える超長編の3つ。
こんな大作は今読まないと一生読めないかもしれない? 「予想読了時間」は前回同様、4ページあたり1分で算出しているので、ぜひ参考に!
 

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』全200巻、計4万790ページ
予想読了時間=約169時間58分

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』秋本治、ジャンプコミックス(集英社)
言わずと知れた“長編マンガ”の代名詞。コミックの発行巻数世界一でギネス記録にも認定された日本マンガ界の金字塔だ。
警察官でありながらいい加減で、銭ゲバで、ギャンブルが大好き。そんな掟破りな主人公の両津勘吉(りょうつ・かんきち)が個性的な仲間たちと繰り広げるドタバタコメディである。
我々はもう慣れているが、よくよく考えてみればあんな破天荒なオッサン警察官が主人公というのは、少年マンガとしては異例中の異例だろう。
しかし、何物にも流されずに我が道を行く彼の生き様には、不思議と何かを期待したくなるのも事実。毎回、調子に乗りすぎるが故に報いを受け、泣きを見ることになるのだが、翌週にはまた懲りずに新たな目論見に精を出す。そんなたくましい姿がたまらなく愛しいのだ。
そう言えば、もし連載が続いていれば、今年は4年に1度しか目を覚まさない同僚、日暮熟睡男(ひぐらし・ねるお)が登場したのではないか? ほかにも海パン刑事やタイガー刑事、ドルフィン刑事、月光刑事、ムスタング刑事など、思い出すだけで会いたくなる顔ぶれがズラリ。
あー、久々に読みたくなってきた。


2/3

RANKING