OCEANS

SHARE

2020.02.13

現行ジムニーのカスタム好例18連発。無限大の可能性を持つ遊びの車

東京オートサロンに学ぶ「車の遊び方」●先日、幕張メッセで開催された東京オートサロンに集まっていた、遊び心が満タンなカスタムカーたち。それらを参考に、思いっきりマジメに、車の遊びを考える。
日本の道に適したコンパクトサイズながら、悪路も平気で突き進んでいける国産アウドドアカー、スズキのジムニー&ジムニー シエラ。2018年に登場した現行型は、今もまだ新車の納車待ちが1年以上という大人気ぶりだ。
そして初代の角張ったイメージが現代風にアップデートされた現行型ジムニーのデザインは、カスタムするにあたっても恰好の素材のようで、今回の東京オートサロンでも、おそらくいちばん台数が多かった(編集部調べ)。
編集部が見つけた18台の「そうそう、こんな遊び心満タンなジムニー、欲しかった!」を紹介していこう。
 

錆びまで愛する。初代ジムニーへのリスペクト


ジムニー・カスタムのスペシャリストであるアピオと、エアロ・カスタムの第一人者のダムドがコラボしたカスタム車「the ROOTS」。
その名の通り、現行車のルーツである初代ジムニーをイメージして、ルーフとボディ後部は幌に見えるよう色分けされた。サンダーイエローにペイントされたボディには「浮いた錆」まで再現され、ホイールを交換し車高もアップ。左右のドアにはダミーのヒンジを取り付けて武骨さをプラスするなどディテールまでのこだわりが感じられる。
今年中にパーツ等を発売予定で、車両代込みの場合で300万円前後になりそう。
 

納車早々ドロンコにして


こちらもアピオとダムドのコラボ車である「Dronco(ドロンコ)」。ドロンコ、という車名は、往年のフォード・ブロンコから付けられている。
初代(アーリーブロンコ)の特徴であるサイドモール(ボディ横のシルバーのライン)やアイアングリルを装着。スカイブルーとホワイトに塗られた車体も、オールドアメリカンな雰囲気を演出してくれている。こちらも今年中にパーツ等を発売予定で、車両代込みの場合300万円前後になりそうだ。


2/4

RANKING